ニュース

18・19歳厳罰化、委員会可決 少年法改正案、明日成立の見通し

2021/5/20 13:05
 少年法改正案を賛成多数で可決した参院法務委=20日午後

 少年法改正案を賛成多数で可決した参院法務委=20日午後

 参院法務委員会は20日、事件を起こした18、19歳の厳罰化を図る少年法改正案を賛成多数で可決した。民法の成人年齢が来年4月に20歳から18歳に引き下げられるのに合わせた措置。21日の参院本会議で採決、成立する見通し。

 改正案では、少年法の適用年齢は引き下げず、20歳未満の全事件を家裁に送る仕組みは維持する。一方で18、19歳を「特定少年」とし、家裁から原則検察官に送致(逆送)し、20歳以上と同じ刑事手続きを取る事件を拡大。現行の殺人や傷害致死などに、強盗や強制性交などが加わる。起訴後は実名報道も解禁する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 緊急事態宣言、沖縄除き解除へ (6/16)

     政府は16日、10都道府県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県で20日の期限をもって解除する方向で調整に入った。このうち北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の...

  • 女性・女系天皇見送り (6/16)

     安定的な皇位継承策を議論する有識者会議(座長・清家篤元慶応義塾長)は16日の第7回会合で、皇位継承資格を男系男子に限定する皇室典範の規定を尊重し、現在の皇位継承順位を変更しない方針を確認した。これに...

  • 大阪・兵庫、百貨店の休業解除も (6/16)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言が期限の20日で解除され、まん延防止等重点措置の対象になる見込みとなった大阪府、兵庫県の両知事は16日、百貨店など大規模商業施設への土日の休業を解除する可能性に言及し...

  • イベント観客上限、解除後1万人 (6/16)

     政府は16日、新型コロナ感染拡大に伴う緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の解除後、スポーツ大会など大規模イベントの観客数は会場の定員の50%以内であれば1万人を上限とする方針を決めた。解除後1カ月程...

  • 観客の上限、五輪と無関係 (6/16)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は16日記者会見し、政府が示した緊急事態宣言とまん延防止等重点措置解除後の大規模イベントの観客上限について、東京五輪・パラリンピックの観客の議論と...