ニュース

首都圏マンション発売戸数3倍に 4月、価格は過去2番目

2021/5/20 16:13
 東京都内の大規模マンション

 東京都内の大規模マンション

 不動産経済研究所が20日発表した首都圏(1都3県)の4月の新築マンション発売戸数は、前年同月比約3・0倍の2089戸だった。増加は5カ月連続。昨春の緊急事態宣言で各社がモデルルームを臨時休業し、発売を先送りした反動があった。超高額物件がけん引し、1戸当たりの平均価格は昨年1月(8386万円)に次ぐ過去2番目の7764万円だった。

 新型コロナ流行に伴う在宅時間の増加で、消費者の購入意欲は堅調という。平均2億円を超える東京・千代田区の超高額物件が全体の平均価格を押し上げた。東京23区の平均価格は1億180万円と、バブル崩壊後で2度目の1億円超えとなった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京円、110円近辺 (6/18)

     18日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円近辺で取引された。対ユーロでは一時1ユーロ=130円台後半を付け、4月下旬以来の円高ユーロ安水準となった。 午後5時現在は前日比59銭円高ドル安の1...

  • 日銀、気候変動対応を後押し (6/18)

     日銀は18日、気候変動問題に対応する民間金融機関の投融資を促進するため、資金を有利な条件で供給する新たな仕組みを年内をめどに導入すると決定した。黒田東彦総裁は会合後に開いた記者会見で「金融政策面で気...

  • 為替相場  18日(日本時間18時) (6/18)

    18時現在           1ドル=             110円13銭〜          110円17銭    前日比  +0円46銭   1ユーロ=            131円19銭...

  • マグロ、今年も漁獲枠拡大提案へ (6/18)

     水産庁は18日、太平洋クロマグロの漁獲枠を話し合う国際会議を前に、漁業関係者向けの説明会を開いた。出席者からは漁獲枠の拡大を求める意見が相次ぎ、水産庁は7月の国際会議で増枠を提案する方針を示した。国...

  • 中国通販セール、大幅拡大 (6/18)

     【北京共同】中国で毎年恒例のインターネット通販セール「618」が18日、本番を迎えた。新型コロナウイルス流行による打撃からの消費回復を追い風に、各社が取引額の大幅な拡大を実現。ただ中国当局が電子商取...