ニュース

細胞の膨張戻す仕組みを解明 福岡大、乳がんや肥満治療に期待

2021/5/20 18:54

 膨張する細胞を元の大きさに戻すメカニズムを解明したと、福岡大医学部などの研究チームが20日付の英科学誌電子版に発表した。細胞の膨張は乳がんの悪化や成人の肥満との関連があるとされており、研究成果は新たな治療薬開発などにつながる可能性があるという。

 研究チームは、細胞が膨らむと、センサータンパク質が反応して、元の大きさに戻すタンパク質「VSOR」を生み出すことを発見。VSORが細胞膜の表面で内部のイオンを外に放出し、肥大した細胞を縮小させていた。センサータンパク質がないと、VSORは細胞膜の表面にとどまることができず、膨張を抑制できないことも分かった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 河野氏「今週にも百万回達成」 (6/17)

     河野太郎行政改革担当相は17日、日本商工会議所の三村明夫会頭とオンラインで懇談し、政府が目指す1日当たり100万回の新型コロナウイルスワクチン接種について「今週中に達成できるのではないか」との見通し...

  • 大規模会場18歳以上の接種開始 (6/17)

     自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターは17日、全国の18歳以上を対象に接種を始めた。大量に予約枠が残ったことを踏まえ、これまでの65歳以上の高齢者限定から大幅に範囲を拡大した...

  • 人工微粒子、細胞に有害活性酸素 (6/17)

     近年生産量が増加している人工微粒子を吸い込むと肺に炎症が起きる仕組みが分かったと、名古屋大と大阪府立大の研究チームが17日付の国際科学誌に発表した。細胞の中に取り込まれ分解されずに蓄積し、有害な活性...

  • 全市区町村7月末までに完了 (6/17)

     全国の全ての市区町村が、希望する高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種を7月末までに完了する見込みであると、16日までの政府の調査に回答したことが分かった。17日にも総務、厚生労働両省が結果を公表...

  • 国内で1710人感染80人死亡 (6/16)

     国内で16日、新たに1710人の新型コロナウイルス感染者と80人の死者が報告された。島根で初の死亡が確認され、これで全ての都道府県で死者が確認された。感染者の内訳は東京501人、神奈川210人、沖縄...