ニュース

4月の消費者物価、0・1%下落 携帯大手の割安プランが影響

2021/5/21 10:21
 東京・銀座をマスク姿で歩く人たち=4月24日

 東京・銀座をマスク姿で歩く人たち=4月24日

 総務省が21日発表した4月の全国消費者物価指数(2015年=100、生鮮食品を除く)は、前年同月比0・1%下落の101・5だった。前年同月を下回るのは9カ月連続。携帯電話大手各社が割安な料金プランの提供を始めたことが響いた。マイナス幅は前月と同じだった。

 携帯電話の通信料は26・5%落ち込んだ。過去最大の下げ幅といい、物価全体を押し下げた。

 一方、原油価格が高値水準にあることを受けガソリンは13・5%上昇した。電気代は5・8%、都市ガス代は6・2%低下したが、いずれも下げ幅は縮小した。

 生鮮食品とエネルギーを除いた指数は0・2%下落の101・7。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 17日11時     (6/17)

    <225種>          28961円36銭      前日比 −329円65銭  <TOPIX>         1963.42        前日比 −12.44    

  • 為替相場  17日(日本時間11時) (6/17)

    11時現在           1ドル=             110円65銭〜          110円66銭    前日比  −0円72銭   1ユーロ=            132円76銭...

  • 東京円、110円台後半 (6/17)

     17日午前の東京外国為替市場の円相場はドルに対して下落し、一時1ドル=110円80銭近辺を付けた。4月1日以来、約2カ月半ぶりの円安ドル高水準。 午前10時現在は前日比82銭円安ドル高の1ドル=11...

  • 東証、305円安 (6/17)

     17日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、前日終値比305円41銭安の2万8985円60銭となった。

  • NY株続落、265ドル安 (6/17)

     【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比265・66ドル安の3万4033・67ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ開始時期を前倒し...