ニュース

逆送拡大、更生支援が課題に 18、19歳に厳罰、少年法改正

2021/5/21 20:51

 事件を起こした18、19歳の厳罰化を図る改正少年法が21日、参院本会議で成立した。適用年齢は引き下げない一方、18、19歳を「特定少年」とし、家裁から原則検察官に送致(逆送)し、20歳以上と同じ刑事手続きを取る事件を拡大する。過去の統計に当てはめると、逆送対象が約17倍に増えるというデータもあり、刑罰を受けた後の更生支援の在り方が課題となる。法務省は、来年4月1日の施行に向け、環境整備に取り組む。

 禁じられていた実名報道も起訴段階で解禁される。衆参の法務委員会では、健全育成の妨げとならないよう配慮することの周知を政府に求める付帯決議を採択した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 20年の山岳遭難、2294件 (6/17)

     2020年に全国で発生した山岳遭難事故は2294件(前年比237件減)、遭難者数は2697人(240人減)、うち死者・行方不明者は278人(21人減)だったことが17日、警察庁のまとめで分かった。遭...

  • 遊泳中事故か、女性死亡 (6/17)

     16日午後1時45分ごろ、沖縄県石垣市桴海の米原ビーチで、女性2人が意識不明の状態で浮いているのが見つかった。八重山署などによると、1人は死亡し、もう1人は重体。署は、現場の状況からシュノーケリング...

  • 「表現の不自由展」7月大阪でも (6/17)

     愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で抗議が殺到し、中断された企画展「表現の不自由展・その後」の作品の展覧会が、東京都に続き、大阪市でも7月16〜18日に開かれることが分かっ...

  • 建設石綿、企業責任は国より重い (6/16)

     建設アスベスト(石綿)訴訟原告らが16日、被告の国との和解が実現する見通しとなったことを受けて東京・日比谷公園で集会を開いた。「建材メーカーの責任は国より重い」などと訴え、今後、石綿を含む建材を製造...

  • SNS不適切投稿の判事を訴追 (6/16)

     ツイッターなど会員制交流サイト(SNS)に裁判当事者を傷つける不適切な投稿をしたとして、当事者らが罷免を求めていた仙台高裁の岡口基一判事(55)について、国会の裁判官訴追委員会は16日、裁判官弾劾裁...