ニュース

新たな検査法、東京五輪で試用 世界反ドーピング機関

2021/5/22 8:37

 【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)のバンカ委員長は21日の記者会見で、指先や腕から採る少量の血液で分析できる乾燥血液スポット(DBS)検査を東京五輪・パラリンピックで試験運用する方針を明らかにした。採血、保管の簡便化やコスト削減につながる画期的な方法で、来年の北京冬季五輪・パラリンピックでの本格導入を目指す。

 WADAの常任理事会がDBSの運用規定を承認したことを受け、同委員長は「選手と反ドーピング機関の双方に大きなプラスの影響を与える」と述べた。痛みを伴う現行の静脈採血や手間の掛かる尿検査に替わる手法として注目されている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • ロシアがフィンランド下す (6/17)

     【ロンドン共同】サッカーの欧州選手権第6日は16日、ロシアのサンクトペテルブルクで1次リーグが行われ、B組のロシアがフィンランドを1―0で下して初勝利(1敗)を挙げた。前半終了間際にミランチュクが決...

  • 18歳望月、主催者推薦で予選に (6/16)

     【ロンドン共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権(28日開幕)を主催するオールイングランド・クラブは16日、ワイルドカード(主催者推薦)による出場選手を発表し、男子シングルス予選に201...

  • セ・パ交流戦、全日程が終了 (6/16)

     2年ぶりに開催されたプロ野球の「日本生命セ・パ交流戦」は16日、最後の1試合が行われ、全日程が終了した。日本ハムが広島に8―1で勝ち、既に12年ぶり2度目の勝ち越しを決めていたセ・リーグの通算49勝...

  • 広1―8日(16日) (6/16)

     日本ハムが快勝した。伊藤が6回を4安打1失点で4勝目を挙げた。8奪三振。三回に近藤の適時打などで2点を先制。六回は石川亮のスクイズなどで2点、七回にも4点を加えた。広島は投打にいいところがなかった。

  • おこしやす京都がJ1広島を撃破 (6/16)

     サッカーの第101回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は16日、エディオンスタジアム広島などで2回戦の残り6試合が行われ、関西1部リーグのおこしやす京都(京...