ニュース

県職員自殺を公務災害に認定 大分、長時間労働が原因

2021/5/22 11:05

 2018年6月に職場で自殺した大分県職員富松大貴さん=当時(26)=が、公務員の労災に当たる公務災害に認定されていたことが22日、遺族への取材で分かった。地方公務員災害補償基金県支部は、長時間労働で精神疾患を発症し、自殺につながったと判断した。

 遺族は今後、県に安全配慮義務違反があったとして損害賠償を求め、提訴する方針。

 遺族によると、富松さんは18年4月に福祉保健企画課に配属され、課の決算業務を担当。資料作成の締め切りに間に合わず、土曜日の同年6月9日も出勤し、深夜に自殺した。

 県支部は、死亡直前1カ月間の時間外労働が、約102時間だったと認定した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 女性人質に男立てこもり (6/17)

     17日午後、さいたま市大宮区のJR大宮駅前のビルにあるインターネットカフェで、男が20代の女性店員を人質に立てこもった。埼玉県警は人質の安否確認を急ぐとともに、男との交渉を続けている。 県警によると...

  • 東京水害広域避難74万人に圧縮 (6/17)

     国や東京都は17日、超大型台風などによる大規模水害への対応方針をまとめた。255万人の移動を想定してきた近隣自治体への広域避難は、実施が難しいと判断し、対象を約3割の74万人に圧縮。親戚・知人宅やビ...

  • 斜面風化を告知せずと提訴 (6/17)

     神奈川県逗子市で昨年、建物下の斜面が崩れ女子高生が死亡する事故のあったマンション住民が、建築前の調査で斜面の風化や一部崩落が判明したのに告知せず販売したとして、売り主らに損害賠償を求め横浜地裁に提訴...

  • 旭川医大学長が辞任届提出 (6/17)

     国立大学法人旭川医科大(北海道旭川市)の吉田晃敏学長の代理人弁護士は17日、学長が辞任届を文部科学相に提出したと明らかにした。吉田氏を巡っては新型コロナのクラスターが発生した病院などへの不適切発言が...

  • 大学の対面授業受けられず損害 (6/17)

     東京都立川市に住む明星大2年の男子学生(19)が17日、新型コロナの影響で約1年間、対面授業を受けられなかったとして、運営する学校法人に対し、授業料の一部や通学できなかった精神的損害計145万円を賠...