ニュース

愛知で616人感染 6人死亡、23人取り下げ

2021/5/22 22:15

 愛知県で22日、616人の新型コロナウイルス感染と、既に陽性が判明していた6人の死亡が確認された。県と名古屋市、一宮市が発表した。また名古屋市などは、民間のPCR検査に誤りがあったため、感染者として公表していた計23人を取り下げた。

 県内の感染確認は計4万4134人、死者は計710人となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 医師ら、37都道府県で完了へ (6/20)

     新型コロナウイルスワクチンの医療従事者への接種に関し、37都道府県が6月28日の週までに「完了する」もしくは「完了済み」であることが20日、共同通信の調査で分かった。このうち福井、愛媛など8県は18...

  • 使い捨てプラ製品買わず、32% (6/20)

     ペットボトル飲料やスプーンといった使い捨てプラスチック製品を買わないようにしている人は32・3%にとどまることが20日、環境省の意識調査で分かった。プラごみ削減に向けた意識向上策の一環として、昨年7...

  • 高齢者施設、検査半数止まり (6/20)

     新型コロナ感染防止策として菅義偉首相が打ち出した高齢者施設で働く職員らへの集中的なPCR検査で、4月以降に検査を受けた施設が約半数にとどまっていることが20日、厚生労働省の調査で分かった。4割は申し...

  • 12歳以上「夏休み中に接種を」 (6/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の日本テレビ番組で、12歳以上の児童、生徒への新型コロナウイルスワクチン接種について「子どもたちや学生には夏休み中に打ってもらいたい」と述べた。ワクチンは米ファイザー製...

  • 毎年3千億円の運用益必要 (6/19)

     世界の大学と競合する国内の研究機関を政府がてこ入れする10兆円の「大学基金」を巡り、毎年3千億円の多額の運用益が必要とする試算を、内閣府作業部会の有識者が19日までにまとめた。助成対象を六つの大学と...