ニュース

G7、石炭火力で折り合いつかず 日本は継続維持

2021/5/22 19:29
 オンライン形式で開かれているG7の気候・環境相会合に出席した小泉環境相(左)ら=21日午後、環境省(同省提供)

 オンライン形式で開かれているG7の気候・環境相会合に出席した小泉環境相(左)ら=21日午後、環境省(同省提供)

 オンライン形式で開かれていた先進7カ国(G7)の気候・環境相会合が21日、二酸化炭素(CO2)の排出抑制対策をしていない石炭火力発電への「国際投資をやめなければならない」とする共同声明を採択して閉幕した。議長国の英国は「全廃」を模索したが、G7各国のうち、日本は今後も使い続ける方針を維持し、折り合いがつかなかった形だ。

 共同声明では、新たな政府支援の全面的な終了に向け「年内に具体的な措置を取る」としたものの、高効率の石炭火力は継続を容認する余地も残した。また各国内の石炭火力廃止について踏み込んだ表現は盛り込まれなかった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国公私立大17校が21日開始 (6/18)

     文部科学省は18日、国公私立大17校が新型コロナウイルスワクチンの学内接種を21日に開始する予定と発表した。18日正午時点の集計。21日からは企業の職場接種も拡大し、64歳以下の一般接種が本格化する...

  • 愛知と沖縄、病床使用ステージ4 (6/18)

     厚生労働省は18日、新型コロナウイルス患者向けの病床使用率(16日午前0時時点)を公表した。政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の目安となる病床使用率50%以上だったのは愛知、沖縄の2...

  • 国内1623人感染、48人死亡 (6/18)

     国内では18日、新たに1623人の新型コロナウイルス感染が確認された。東京453人、神奈川231人、千葉135人、愛知106人、沖縄86人など。死者は大阪17人、愛知6人、神奈川4人など計48人。 ...

  • 絶滅危惧種のサメに赤ちゃん誕生 (6/18)

     アクアワールド茨城県大洗水族館(同県大洗町)は18日、環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されているサメの一種「シロワニ」の繁殖に、日本で初めて成功したと発表した。17日に幼魚が誕生。繁殖成功は世...

  • 東京の感染者、再び増加傾向に (6/18)

     東京都は18日、新型コロナウイルスの感染者が新たに453人報告されたと発表した。前週の金曜日だった11日の435人を18人上回り、前週の同じ曜日を超えたのは3日連続となった。直近7日間を平均した1日...