ニュース

28都府県市、大規模接種へ モデルナ製ワクチン9割

2021/5/22 21:18
 大規模接種会場を設置・検討中の自治体

 大規模接種会場を設置・検討中の自治体

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者接種などを巡り、47都道府県と20政令指定都市のうち、独自に大規模会場を「設置する」「設置の方向で検討している」のは埼玉県や京都府、名古屋市など28自治体であることが22日、共同通信の調査で分かった。うち9割が新たに承認された米モデルナ製のワクチンを使用する。宮城、群馬、愛知の3県は24日、神戸市は25日にそれぞれスタートする。

 政府は高齢者接種の7月末完了を掲げ、5月24日から東京、大阪で国営大規模接種センターでの接種を始める。自治体も大規模接種で効率化し、回数を一気に増やす狙い。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 医師ら、37都道府県で完了へ (6/20)

     新型コロナウイルスワクチンの医療従事者への接種に関し、37都道府県が6月28日の週までに「完了する」もしくは「完了済み」であることが20日、共同通信の調査で分かった。このうち福井、愛媛など8県は18...

  • 高齢者施設、検査半数止まり (6/20)

     新型コロナ感染防止策として菅義偉首相が打ち出した高齢者施設で働く職員らへの集中的なPCR検査で、4月以降に検査を受けた施設が約半数にとどまっていることが20日、厚生労働省の調査で分かった。4割は申し...

  • 12歳以上「夏休み中に接種を」 コロナワクチン巡り行革相 (6/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の日本テレビ番組で、12歳以上の児童、生徒への新型コロナウイルスワクチン接種について「子どもたちや学生には夏休み中に打ってもらいたい」と述べた。ワクチンは米ファイザー製...

  • ブラジルの感染死者50万人超 (6/20)

     【サンパウロ共同】ブラジル保健省によると、新型コロナウイルスによる同国の死者が19日、50万800人となった。米ジョンズ・ホプキンズ大によると、50万人を超えたのは米国に次ぎ2カ国目。感染者は約18...

  • 緊急宣言解除へ、飲食店安堵 (6/19)

     新型コロナの緊急事態宣言が20日の期限で解除されることになり、酒類提供などの制限が一部緩和される地域の繁華街では19日、政府の決定後、初の土曜日の夜を迎えた。飲食店経営者は「ようやく営業再開できる」...