ニュース

自衛隊員にモデルナ製ワクチン 国内初、大規模接種会場を運営

2021/5/23 19:48

 防衛省は23日、東京と大阪の新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの運営に当たる自衛隊員や民間の看護師に米モデルナ製ワクチンを接種したと明らかにした。24日のセンター開設を前に、感染防止を徹底する狙い。国内でモデルナ製ワクチンの接種が判明したのは初めて。

 厚生労働省は21日、モデルナ製ワクチンを特例承認。自衛隊が運営するセンターや、自治体が独自に設置する大規模会場で65歳以上の高齢者に接種される予定だ。

 モデルナ製の有効性は、市区町村で通常使用されているファイザー製とほぼ同等。モデルナ製は4週間の間隔を空けて2回の接種を受ける必要がある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国公立大100校超、接種へ (6/17)

     学生や教職員を対象にした新型コロナウイルスワクチンの大学接種について、国公立大103校が実施を決定したか、実施する方向で検討していることが17日、共同通信の調査で分かった。うち13校は6月中に始める...

  • 中国有人宇宙船、ドッキング (6/17)

     【北京共同】中国が打ち上げた有人宇宙船「神舟12号」は17日午後3時54分(日本時間同4時54分)、建設中の宇宙ステーションとドッキングした。3人の宇宙飛行士が初めての居住者として午後6時48分、ス...

  • 1554人感染、47人死亡 (6/17)

     国内で17日、新たに新型コロナウイルス感染者が1554人確認された。東京452人、神奈川185人、千葉124人、愛知99人、沖縄97人など。死者は東京、愛知、福岡で各7人確認されるなど計47人。 厚...

  • 尾身会長ら、18日に五輪提言 (6/17)

     東京五輪・パラリンピックを巡り、政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志は18日夕、開催に伴う感染リスクを評価した提言を発表する。無観客での開催が最も感染リスクが小さいとの内容が盛り...

  • 小惑星りゅうぐうの砂、詳細分析 (6/17)

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日、相模原市で記者会見し、探査機「はやぶさ2」が小惑星りゅうぐうで採取した砂などの一部を、詳細なデータ取得のため初期分析チームなどに引き渡したと発表した。既に分...