ニュース

日本代表、ミャンマー戦へ合宿 サッカーW杯アジア2次予選

2021/5/24 19:18
 サッカーW杯2次予選のミャンマー戦に向けた練習で、シュートを放つ浅野=千葉市内

 サッカーW杯2次予選のミャンマー戦に向けた練習で、シュートを放つ浅野=千葉市内

 サッカー日本代表は24日、千葉市内に集合し、ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組のミャンマー戦(28日・フクダ電子アリーナ)に向けた合宿を開始した。勝てば同組1位が決まり、9月からの最終予選に進む。

 Jリーグが並行して行われるため、ミャンマー戦は海外組だけで臨む。この日は吉田(サンプドリア)ら10人で練習をスタートし、今後は順次メンバーが合流する予定。

 2次予選は新型コロナウイルスの影響で日程が大幅に変わり、F組の残り試合は日本で集中開催される。毎日のPCR検査やチームと外部の接触を絶つ「バブル」方式を採用するなど厳格な防疫措置を講じる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • プロ野球、五輪期間に非公式試合 (6/22)

     プロ野球が東京五輪期間中に観客を入れて非公式試合を実施する計画であることが21日、分かった。五輪に合わせて7月19日から8月12日までレギュラーシーズンを中断する間の選手の調整が主目的だが、新型コロ...

  • 五輪観客「専門家提言に矛盾」 (6/21)

     東京五輪の観客数上限が21日、最大1万人と正式に決まったことについて海外メディアは軒並み速報し、新型コロナウイルス禍が収まらない中での開催に日本国内で懸念が広がっていることを指摘した上で「専門家の提...

  • 五輪減収で負担協議難航も (6/21)

     東京五輪の観客を制限することに伴い、900億円を見込んでいたチケット収入は大幅に減少する。大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は21日の記者会見で「半分を下回る」との見通しを示した。今後、減収分の穴埋め...

  • 新体操個人が新メーク発表 (6/21)

     新体操個人で東京五輪代表となった喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)と大岩千未来(イオン)が21日、東京都内で日本代表のオフィシャルパートナー、化粧品大手ポーラから大会本番用の新メークの手ほどきを...

  • 五輪パラの経済効果894億円減 (6/21)

     新型コロナウイルスの感染対策で、東京五輪・パラリンピックの会場の観客数上限を50%以内、最大1万人にした場合の経済効果が894億円減少するとの試算を21日、野村総合研究所がまとめた。チケットや宿泊関...