ニュース

イラン核査察、1カ月延長で合意 IAEA事務局長が発表

2021/5/24 21:29
 24日、ウィーンで記者会見するIAEAのグロッシ事務局長(共同)

 24日、ウィーンで記者会見するIAEAのグロッシ事務局長(共同)

 【テヘラン、ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は24日記者会見し、IAEAによる核査察をイランが暫定的に受け入れる期限を1カ月延長することで双方が合意したと発表した。新たな期限は6月24日。イラン核合意再建に向けた米国とイランの間接協議に時間的猶予が生まれる。

 記者会見に先立って、仲介役のうちロシア代表はツイッターで「延長を望んでいる。協議に参加する各国にとって有益だ」と表明していた。

 イラン外務省報道官は24日の記者会見で「延長について最終的に精査している」と述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 中国の駐米大使が交代へ (6/22)

     【北京共同】中国の崔天凱駐米大使(68)は21日、在米中国大使館のサイトに「全米の同胞に向けた別れのあいさつ」を公表し、近く交代することを明らかにした。崔氏は2013年4月から、8年以上にわたって大...

  • 米、香港紙への締め付け非難 (6/22)

     【ワシントン、香港共同】中国に批判的な香港紙の蘋果日報(リンゴ日報)社が当局の締め付けで停刊となる可能性が高まっている問題で、米国務省のプライス報道官は21日の記者会見で「報道の自由の規制をやめるよ...

  • コロナ支援で朝鮮大生ら「差別」 (6/22)

     国連で人権問題を扱う4人の特別報告者が、新型コロナウイルス禍で困窮する学生に最高20万円を給付した日本政府の支援制度に絡み、朝鮮大学校(東京都小平市)の学生を対象から排除したことは「差別」だとして、...

  • フジモリ氏拘束せずと判断 (6/22)

     【サンパウロ共同】南米ペルーの裁判所は21日、汚職事件に絡んで起訴されている大統領選候補者の中道右派ケイコ・フジモリ氏(46)に対する、検察側の拘束要求を却下した。フジモリ氏が予備的拘束から昨年釈放...

  • ドイツでごみ箱から貴重絵画発見 (6/22)

     【ベルリン共同】ドイツ警察当局は21日までに、高速道路のサービスエリアのごみ用コンテナから17世紀の貴重な油絵2点が見つかったと発表した。パリのルーブル美術館も作品を所蔵するオランダの画家サミュエル...