ニュース

東証、午前終値2万8534円 続伸、米株上昇好感もコロナ重荷

2021/5/25 11:53

 25日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。先週一時急落した暗号資産(仮想通貨)の相場が落ち着いたとの見方から、前日の米株式市場が上昇したことを好感し、買い注文が優勢となった。国内の新型コロナウイルス感染拡大は相場の重荷となった。平均株価の上げ幅は一時200円を超えた。

 午前終値は前日終値比169円66銭高の2万8534円27銭。東証株価指数(TOPIX)は5・41ポイント高の1918・45。

 前日の米ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は景気回復に伴うインフレへの警戒感が和らいだこともあり、続伸した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 21日10時30分  (6/21)

    <225種>          28052円29銭      前日比 −911円79銭  <TOPIX>         1899.45        前日比 −47.11    

  • 為替相場  21日(日本時間10時30分) (6/21)

    10時30分現在        1ドル=             110円17銭〜          110円18銭    前日比  −0円17銭   1ユーロ=            130円76銭...

  • 東証大幅続落、一時900円超安 (6/21)

     週明け21日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落した。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ開始を前倒しするとの警戒感が強まり、売りが先行した。下げ幅は一時900円を超え、取引時間...

  • 東証、647円安 (6/21)

     21日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、午前9時15分現在、前週末終値比647円07銭安の2万8317円01銭となった。

  • 豪、ワイン関税巡り中国を提訴へ (6/20)

     【シドニー共同】オーストラリアのテハン貿易相は19日、中国がオーストラリア産ワインに課している反ダンピング(不当廉売)の制裁関税は不当として、世界貿易機関(WTO)に提訴する方針を明らかにした。昨年...