ニュース

インド株水際強化で10日間待機 6カ国対象、政府発表

2021/5/25 12:15

 政府は25日、新型コロナウイルス感染拡大に対する水際対策に関し、インド株への対応として、これまで入国後6日間としていた指定施設での待機期間を入国後10日間に延長すると発表した。

 この措置の対象はインド、パキスタン、ネパール、バングラデシュ、モルディブ、スリランカの計6カ国。これまでの入国時、入国後3日目、同6日目に加え、同10日目にも新たに検査を行う。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 大阪・兵庫、百貨店の休業解除も (6/16)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言が期限の20日で解除され、まん延防止等重点措置の対象になる見込みとなった大阪府、兵庫県の両知事は16日、百貨店など大規模商業施設への土日の休業を解除する可能性に言及し...

  • 緊急事態宣言、沖縄除き解除へ (6/16)

     政府は16日、10都道府県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県は20日の期限をもって解除する方向で調整に入った。このうち北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の...

  • 皇位継承順位、変更せず (6/16)

     安定的な皇位継承策を議論する有識者会議(座長・清家篤元慶応義塾長)は16日の第7回会合で、今後の議論の進め方に関し、現在の皇位継承順位を変更しないことを前提とした上で、皇族数確保のための方策を検討す...

  • イベント観客上限、解除後1万人 (6/16)

     政府は16日、新型コロナ感染拡大に伴う緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の解除後、スポーツ大会など大規模イベントの観客数は会場の定員の50%以内であれば1万人を上限とする方針を決めた。解除後1カ月程...

  • 観客の上限、五輪と無関係 (6/16)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は16日記者会見し、政府が示した緊急事態宣言とまん延防止等重点措置解除後の大規模イベントの観客上限について、東京五輪・パラリンピックの観客の議論と...