ニュース

米、エルサレム総領事館再開へ 国務長官、ガザ支援も発表

2021/5/26 9:12
 25日、ヨルダン川西岸ラマラで会談するブリンケン米国務長官(左)とパレスチナ自治政府のアッバス議長(ロイター=共同)

 25日、ヨルダン川西岸ラマラで会談するブリンケン米国務長官(左)とパレスチナ自治政府のアッバス議長(ロイター=共同)

 【エルサレム共同】ブリンケン米国務長官は25日、ヨルダン川西岸ラマラでパレスチナ自治政府のアッバス議長と会談、在エルサレム米総領事館を再開する方針を伝えた。露骨な親イスラエル政策を続けたトランプ前米政権は2018年、大使館をテルアビブからエルサレムに移転。長年、パレスチナに対する米大使館の役割を担ったエルサレムの総領事館を19年に同大使館に統合した。

 ブリンケン氏はまた、イスラエル軍による空爆で激しく破壊されたパレスチナ自治区ガザの復興を巡り、米政府が緊急支援として550万ドル(約6億円)を供出すると表明した。パレスチナ支援は累計で3億6千万ドルに上る。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • G7声明「台湾海峡」明記 (6/14)

     【コーンウォール共同】先進7カ国首脳会議(G7サミット)は13日、中国の統一圧力で緊張が高まる台湾情勢に関し「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」とした首脳声明を採択し...

  • イスラエルで政権交代 (6/14)

     【エルサレム共同】イスラエル国会(定数120)は13日、反ネタニヤフ首相で結集した8党による新連立政権を賛成60、反対59の1票差で承認した。1人が棄権した。12年連続で首相を務め、在任期間が通算1...

  • スイス、CO2削減法を否決 (6/14)

     【ジュネーブ共同】スイスで13日、国民投票が実施され、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス削減に向けた方策が盛り込まれた法は、反対51%、賛成49%で否決が決まった。地元メディアが報じた。投票結果...

  • 中国、ガス爆発で12人死亡 (6/13)

     【上海共同】中国湖北省十堰市張湾区の市場で13日朝、ガス爆発が発生し、建物が壊れるなどし多くの人が閉じ込められ12人が死亡、138人が負傷した。うち37人が重傷。中国メディアが報じた。当局が原因を調...

  • 中国、G7をけん制 (6/13)

     【北京共同】在英国の中国大使館は13日までに、英国で開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)に対し「『小グループ』の利益に基づき集団政治を行うことは偽の多国間主義だ」とけん制する報道官談話を発表し...