ニュース

20年の妊娠届、87万2千件 コロナ禍で過去最少更新

2021/5/26 11:40
 厚生労働省が入る庁舎

 厚生労働省が入る庁舎

 厚生労働省は26日、全国の自治体が2020年の1年間に受理した妊娠届の件数は前年比4・8%減の計87万2227件で、過去最少を更新したと発表した。新型コロナウイルス感染拡大による出産や子育てへの不安から「妊娠控え」が起きたとみられる。同年後半から21年にかけての出生数に反映されるため、21年の出生数が80万人を割り込む可能性が出てきた。少子化が一気に加速する。

 厚労省は、既に発表している20年1〜10月の妊娠届の件数に、新たに集計した11月と12月分を加えた。11月は前年同月比4・8%減の6万9804件、12月は同1・8%減の7万5755件だった。


この記事の写真

  •  近年の妊娠届数の推移

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 五輪観客「専門家提言に矛盾」 (6/21)

     東京五輪の観客数上限が21日、最大1万人と正式に決まったことについて海外メディアは軒並み速報し、新型コロナウイルス禍が収まらない中での開催に日本国内で懸念が広がっていることを指摘した上で「専門家の提...

  • 児童、生徒の学校集団接種を否定 (6/21)

     河野太郎行政改革担当相は21日夜のNHK番組で、12〜15歳の児童、生徒の新型コロナウイルスワクチン接種について、義務ではないとして学校内での集団接種を否定した。「授業時間中の接種は文部科学省が推奨...

  • 五輪減収で負担協議難航も (6/21)

     東京五輪の観客を制限することに伴い、900億円を見込んでいたチケット収入は大幅に減少する。大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は21日の記者会見で「半分を下回る」との見通しを示した。今後、減収分の穴埋め...

  • 国内で868人感染、35人死亡 (6/21)

     国内で21日、新たに868人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京236人、神奈川135人、千葉85人、埼玉53人など。死者は大阪13人、愛知6人、北海道4人などで計35人。 政府の21日の発...

  • 給付金不支給で審査請求 (6/21)

     新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金や家賃支援給付金を不当に受け取れなかったとして、飲食店など61事業者が21日、不支給処分の取り消しを求める審査請求を行った。電子申請のため、インターネットに不...