ニュース

東証、午前終値2万8604円 ワクチン期待も方向感欠く

2021/5/26 11:52

 26日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値を挟んで一進一退の展開となった。東京や大阪での大規模接種など新型コロナウイルスのワクチン接種への期待感が支えとなり、上げ幅が100円を超える場面もあった。ただ前日の米株安を受け朝方に一時150円超下げるなど、方向感を欠いた。

 午前終値は前日終値比50円49銭高の2万8604円47銭。東証株価指数(TOPIX)は0・99ポイント安の1918・53。

 朝方の平均株価は、米ニューヨーク株式市場の流れを引き継ぎ、反落して始まった。その後は国内のワクチン接種による経済回復への期待から買いが入った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 17日10時30分  (6/17)

    <225種>          28987円51銭      前日比 −303円50銭  <TOPIX>         1964.50        前日比 −11.36    

  • 為替相場  17日(日本時間10時30分) (6/17)

    10時30分現在        1ドル=             110円68銭〜          110円69銭    前日比  −0円75銭   1ユーロ=            132円78銭...

  • 東京円、110円台後半 (6/17)

     17日午前の東京外国為替市場の円相場はドルに対して下落し、一時1ドル=110円80銭近辺を付けた。4月1日以来、約2カ月半ぶりの円安ドル高水準。 午前10時現在は前日比82銭円安ドル高の1ドル=11...

  • 東証、305円安 (6/17)

     17日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、前日終値比305円41銭安の2万8985円60銭となった。

  • NY株続落、265ドル安 (6/17)

     【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比265・66ドル安の3万4033・67ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ開始時期を前倒し...