ニュース

64歳以下、6月中接種も 藤井内閣府副大臣

2021/5/26 12:49

 藤井比早之内閣府副大臣は26日の衆院厚生労働委員会で、新型コロナウイルスワクチン接種に関し、現在の高齢者に続いて、6月にも64歳以下の基礎疾患がある人らへの接種を始めるとの考えを重ねて示した。「6月中をめどに、高齢者の見通しがついた自治体から、基礎疾患がある人を含め広く一般の人にも接種を開始してほしい」と述べた。

 菅義偉首相も7日の記者会見で、64歳以下の住民接種を6月中に始めたいとの意向を示していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内1308人感染、20人死亡 (6/20)

     国内で20日、新たに1308人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京376人、神奈川162人、大阪106人、千葉103人など。緊急事態宣言延長の沖縄は61人。死者は愛知4人、大阪3人、北海道と...

  • 12歳以上「夏休み中に接種を」 (6/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の日本テレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンに関し、夏休みを利用して12歳以上の児童、生徒への接種を進めたいとの意向を表明した。「子どもたちや学生には夏休み中に打って...

  • 高齢者施設検査、半数にとどまる (6/20)

     新型コロナウイルス感染防止策として菅義偉首相が打ち出した高齢者施設で働く職員らへの集中的なPCR検査で、4月以降に検査を受けた施設が約半数にとどまっていることが20日、厚生労働省の調査で分かった。4...

  • 東京、376人感染1人死亡 (6/20)

     東京都は20日、新型コロナウイルスの感染者が376人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの人数は388人で、前週比101%。80代男性の死亡も確認され、死者の累計は2197人となった...

  • 神奈川で162人感染 (6/20)

     神奈川県で20日、162人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。県と横浜、川崎、相模原、横須賀、藤沢の各市が発表した。 相模原市では、クラスター(感染者集団)が発生した市内の製造会社で新たに従業...