ニュース

政府、解任外交官の滞在容認 ミャンマー民主派に配慮

2021/5/26 19:07

 政府は、在日ミャンマー大使館に勤務し、国軍による市民弾圧に抗議して解任されたミャンマー人外交官2人について、在留資格を当面、取り消さない方針を固めた。関係者が26日、明らかにした。解任後も日本国内では外交官としての身分が維持され、国軍のクーデターで政権を追われた民主派に一定の配慮を示す形となる。

 日本外務省が発行した「外交官身分証明票」は、2人のうち1人が7月に有効期限切れとなるものの、その後も日本への滞在を認める方向だ。身分票の再発行の可否も含めて検討する。

 外交官2人は3月に軍政への協力を拒み、職場をボイコットする「不服従運動」に参加すると表明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 建設石綿、企業責任は国より重い (6/16)

     建設アスベスト(石綿)訴訟原告らが16日、被告の国との和解が実現する見通しとなったことを受けて東京・日比谷公園で集会を開いた。「建材メーカーの責任は国より重い」などと訴え、今後、石綿を含む建材を製造...

  • SNS不適切投稿の判事を訴追 (6/16)

     ツイッターなど会員制交流サイト(SNS)に裁判当事者を傷つける不適切な投稿をしたとして、当事者らが罷免を求めていた仙台高裁の岡口基一判事(55)について、国会の裁判官訴追委員会は16日、裁判官弾劾裁...

  • 凍死の中2女子、いじめを相談 (6/16)

     北海道旭川市で今年3月、中学2年の女子生徒=当時(14)=が凍死しているのが見つかった問題で、女子生徒が昨年11月、民間の子ども相談室に電話で「SNSを通じて攻撃された」といじめの相談をしていたこと...

  • 鹿児島4歳女児死亡受け提言 (6/16)

     鹿児島県出水市で2019年8月、大塚璃愛来ちゃん=当時(4)=が死亡し母の交際相手の男性(23)が暴行容疑で逮捕、処分保留で釈放された事案を巡り、専門家でつくる市児童虐待再発防止検討委員会は16日、...

  • 福祉施設、耐震化進まず (6/16)

     子どもや障害者、高齢者らが利用し、地震で倒壊する危険性のある社会福祉施設のうち、2018〜20年度の3年間で耐震化を終えたのは500カ所で、国が目標とした4120カ所の12%にとどまることが16日、...