ニュース

東証、午前終値2万8449円 反落し一時200円超安

2021/5/27 11:46

 27日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。国内の新型コロナウイルス感染拡大が重荷となり、当面の利益を確定する売り注文が先行した。下げ幅は一時200円を超えた。

 午前終値は前日終値比193円16銭安の2万8449円03銭。東証株価指数(TOPIX)は7・67ポイント安の1913・00。

 平均株価は26日までの5営業日で計600円近く上昇しており、割高感の出た銘柄が売られた。国内の新型コロナワクチン接種の遅れや、政府が9都道府県に発令している緊急事態宣言を延長する方向で調整していることも投資家心理を冷やした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 米、量的緩和の縮小先行 (6/23)

     【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は22日の米議会下院の公聴会で、着実な景気回復まで粘り強く金融緩和を続ける考えを強調した。同時に政策目標の一つである雇用の拡大が進んでい...

  • 五輪での飲酒禁止を「支持」 (6/23)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会が大会会場での飲酒やアルコール飲料の持ち込みを禁止し、販売もしないと発表したことについて、スポンサーのアサヒビールは23日、「決定を支持する」とのコメントを出した。...

  • 日銀総裁、国内外の経済情勢報告 (6/23)

     菅義偉首相と日銀の黒田東彦総裁が23日、首相官邸で会談した。黒田氏は会談後、記者団の取材に応じ「内外の経済情勢、金融資本市場動向といったことについて説明した」と語った。首相から要望などはなかったとい...

  • ガソリン3週連続値上がり (6/23)

     経済産業省が23日発表した21日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、14日時点の前回調査と比べて1円10銭高い155円60銭だった。値上がりは3週連続。

  • 東京株式 23日14時     (6/23)

    <225種>          28891円21銭      前日比  +07円08銭  <TOPIX>         1950.86        前日比 −08.67