ニュース

佐々木朗希、聖地甲子園で登板 高校時代に逃した舞台

2021/5/27 19:38
 阪神戦に先発したロッテ・佐々木朗=甲子園

 阪神戦に先発したロッテ・佐々木朗=甲子園

 プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(19)が27日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた阪神戦でプロ2度目の登板を果たした。岩手・大船渡高時代に球速163キロを計測して「令和の怪物」と騒がれながら踏むことができなかった聖地のマウンドに、プロ野球選手として上がった。

 高校3年生の2019年7月25日、岩手大会決勝まで進みながら故障防止のために登板を回避。チームは35年ぶりの甲子園大会出場を逃した。同級生で佐々木朗と打線の中軸を担い、同志社大野球部に進んだ木下大洋外野手(19)は「投げていたら行けたのではというのはあるけど、あまり考えないようにしている」と語る。


この記事の写真

  •  プロ野球ドラフト会議の記者会見場に向かう前、肩車をして佐々木朗希投手(上)を激励する木下大洋さん(下)ら=2019年10月、岩手県大船渡市の大船渡高(木下さん提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • オ2―5日(24日) (6/24)

     日本ハムが快勝した。一回に王柏融の適時打で先制。三回に高浜と王柏融の適時打、四回には野村の1号ソロで突き放した。伊藤が6回2失点で自身4連勝の5勝目。オリックスは増井が5失点と打ち込まれ、連勝が11...

  • ロ2―7ソ(24日) (6/24)

     ソフトバンクが2位に浮上した。1―2の六回に三森と柳田の適時打で逆転。九回は、柳田のこの日2本目となるソロなどで4点を加えた。七回途中2失点の武田が4勝目。ロッテは佐々木朗が六回途中3失点でプロ初黒...

  • 広1―4ヤ(24日) (6/24)

     ヤクルトが4連勝で3年ぶりの貯金10とし、単独2位に浮上。二回に古賀の左前打で先制し、三回は村上の22号2ランで加点した。高橋が七回途中1失点で2勝目をマーク。マクガフが15セーブ目。広島は4連敗で...

  • C大阪、2―0で好発進 (6/24)

     サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、タイのブリラムで東地区の1次リーグJ組が始まり、3年ぶり4度目の出場のC大阪は、奥埜とチアゴの得点で2―0と広州FC(中国)を下し、好スター...

  • 男子100m、山県らが決勝へ (6/24)

     約1カ月後に始まる東京五輪の代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権が24日、大阪市のヤンマースタジアム長居で開幕し、男子100メートルで日本記録を持つ山県亮太(セイコー)を筆頭に桐生祥秀(日本生命)らが...