ニュース

行方不明者の氏名公表に公益性 全国知事会、3類型を提示

2021/5/27 19:02

 全国知事会の危機管理・防災特別委員会は27日、災害時の死者や行方不明者の氏名公表に関する指針案を示した。行方不明者の救助活動が効果的にできるようになるなど、氏名の公表には「公益性」があると指摘。死者を実名公表することで国民の知る権利に応え、災害の教訓を後世に残すことにつながるとの考え方も示した。公表するかどうかを判断する際の3類型も提示した。

 その上で、個人情報保護と公益性の関係を十分考慮しつつ、都道府県ごとに、氏名公表の具体的な判断基準をあらかじめ定めるよう求めた。今後、各知事の意見も聞きながら引き続き議論する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 夫婦別姓、再び認めず 最高裁、民法規定「合憲」 (6/23)

     夫婦別姓を認めない民法と戸籍法の規定は憲法に反するとして、東京都内の事実婚の夫婦3組が起こした家事審判の決定で、最高裁大法廷は23日、2015年12月の判決に続き「合憲」との判断を示した。 夫婦に同...

  • ファスト映画投稿で逮捕、全国初 (6/23)

     宮城県警は23日、映画の内容を10分ほどに編集した「ファスト映画」を、無断で無料の動画投稿サイトで配信したとして、著作権法違反の疑いで札幌市の男ら3人を逮捕した。県警によると、「ファスト映画」の投稿...

  • 土砂崩れで70人孤立 (6/23)

     静岡県は23日、同県川根本町の寸又峡温泉に続く県道で、約20メートルにわたって土砂崩れが発生し、通行止めとなったと明らかにした。同温泉の宿泊客や地元住民計約70人が孤立状態になっている。 県によると...

  • USB預託会社を一斉捜索 (6/23)

     広島県警は23日、特定商取引法違反の疑いで、USBメモリーの預託商法を展開するVISION(V社、東京)の複数の関係先を一斉に家宅捜索した。捜査関係者への取材で分かった。 V社は3月、同法違反で消費...

  • 沖縄戦終結76年、犠牲悼む (6/23)

     沖縄県は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で犠牲となった20万人超を悼む「慰霊の日」を迎えた。76年前のこの日、旧日本軍による組織的戦闘が終わったとされる。最後の激戦地、糸満市摩文仁の平和祈念公園で、沖...