ニュース

処理水満杯「23年春に」 福島第1原発、タンク新設で

2021/5/27 22:18

 政府と東京電力は27日、福島第1原発の処理水を保管するタンクが満杯になる時期を、従来の「2022年秋以降」から、海洋放出開始を目指す「23年春ごろ」に先延ばしできる見通しを示した。処理水を海洋放出する準備に関連して約3万トン分のタンクを新設し、全体の容量が実質的に約140万トンに増えるため。

 東電廃炉責任者の小野明氏は同日の記者会見で「国の方針通り23年春に海洋放出を始めるなら、現時点でこれ以上のタンク増設は必要ない」と述べた。今年4月に政府が海洋放出を決定した際、放出目標を2年後としたため、タンク不足の可能性が指摘されていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 12歳以上「夏休み中に接種を」 (6/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の日本テレビ番組で、12歳以上の児童、生徒への新型コロナウイルスワクチン接種について「子どもたちや学生には夏休み中に打ってもらいたい」と述べた。ワクチンは米ファイザー製...

  • 毎年3千億円の運用益必要 (6/19)

     世界の大学と競合する国内の研究機関を政府がてこ入れする10兆円の「大学基金」を巡り、毎年3千億円の多額の運用益が必要とする試算を、内閣府作業部会の有識者が19日までにまとめた。助成対象を六つの大学と...

  • 主要企業の97%、職場接種へ (6/19)

     新型コロナウイルスワクチンの職場接種に関し、主要116社のうち、97%に当たる112社が実施する意向であることが19日、共同通信のアンケートで分かった。対象は少なくとも計約200万人。59%(69社...

  • 国内1520人感染、28人死亡 (6/19)

     国内で19日、新たに1520人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は東京388人、神奈川182人、千葉119人、大阪111人など。死者は北海道と愛知でそれぞれ6人、大阪で5人など計28人。厚...

  • 大阪で111人感染 (6/19)

     大阪府は19日、新型コロナウイルスに111人が感染し、5人が死亡したと発表した。府内の感染確認は10万2334人、死者は2589人となった。 亡くなったのは70〜90代の男女で、死亡日は5月27日〜...