ニュース

米GDP改定値6・4%増 1〜3月期、回復鮮明

2021/5/27 22:33

 【ワシントン共同】米商務省が27日発表した1〜3月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、年率換算で前期比6・4%増だった。速報値と同じだった。新型コロナウイルスのワクチン普及や巨額の財政出動を背景に、景気回復が着実に進んでいることが改めて確認された。

 プラス成長は3四半期連続。GDPの約7割を占める個人消費は11・3%増だった。速報値(10・7%増)から引き上げ、消費の好調さが明確になった。設備投資は10・8%増、住宅投資は12・7%増とそれぞれ上方修正した。輸出は2・9%減に引き下げ、輸入は6・7%増だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  19日(日本時間 5時) (6/19)

     5時現在           1ドル=             110円16銭〜          110円17銭    前日比  −0円16銭   1ユーロ=            130円74銭...

  • 為替相場  19日(日本時間 2時) (6/19)

     2時現在           1ドル=             110円22銭〜          110円26銭    前日比  −0円22銭   1ユーロ=            130円89銭...

  • スズキ、工場を一時停止へ (6/18)

     スズキは18日、世界的な半導体不足の影響で7月に静岡にある2工場の稼働を一時停止する方針を明らかにした。SUBARU(スバル)も群馬の2工場の稼働を一時停止する。 スズキが停止するのは湖西工場(静岡...

  • NY円、110円前半 (6/18)

     【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比03銭円高ドル安の1ドル=110円16〜26銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1869〜79ドル、130円83〜9...

  • 会見参加記者に希望でワクチン (6/18)

     GMOあおぞらネット銀行は18日、事業戦略に関する7月6日の記者会見の際、参加する記者を対象に新型コロナウイルスのワクチンを接種すると明らかにした。今月21日から社員やその家族、取引先など向けに接種...