ニュース

白書「サプライチェーン強化を」 脱炭素化、デジタル化は不可欠

2021/5/28 8:32

 政府は28日、2021年版の「ものづくり白書」を閣議決定した。新型コロナウイルスの感染拡大で調達や物流に支障が出たと指摘し、世界的なサプライチェーン(供給網)に潜むリスクに対応し、調達先の分散などで強化が必要と提言した。脱炭素化とデジタル化の推進も不可欠とした。

 白書は、今年3月の調査でコロナ禍での調達に影響が出た理由(複数回答)として過半の企業が「代替できない部材があった」と答えたことを紹介。自然災害などによる局所的な供給網への影響に加え「世界で同時多発的に発生する寸断リスクへの対応に取り組まねばならない」と強調した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • NY株続落、265ドル安 (6/17)

     【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比265・66ドル安の3万4033・67ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ開始時期を前倒し...

  • 為替相場  17日(日本時間 8時) (6/17)

     8時現在           1ドル=             110円70銭〜          110円74銭    前日比  −0円77銭   1ユーロ=            132円81銭...

  • ナスダック 16日終値     (6/17)

    <ナスダック>          14039.68       前日比  −33.18  

  • 円急落、一時110円72銭 (6/17)

     【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク外国為替市場の円相場は対ドルで急落し、一時1ドル=110円72銭をつけた。4月上旬以来約2カ月ぶりの円安ドル高水準。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ開始...

  • 米、ゼロ金利解除23年に前倒し (6/17)

     【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は16日、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)で、従来は2024年以降としていた事実上のゼロ金利政策の解除を23年に前倒...