ニュース

国家公務員にワクチン休暇 地方自治体にも対応促す

2021/5/28 10:58
 記者会見する河野行革相=28日午前、内閣府

 記者会見する河野行革相=28日午前、内閣府

 国家公務員制度を所管する河野太郎行政改革担当相は28日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種促進のため、国家公務員に事実上の「ワクチン休暇」を認めると表明した。地方公務員も同様の措置を取るよう、総務省が各自治体に通知したと説明し「職員の接種を勧奨してもらいたい」と強調した。

 ワクチン休暇導入は河野氏が人事院に検討を要請。人事院は、接種の副反応があった場合に「職務専念義務」を免除する臨時措置を決定した。

 河野氏は米ファイザー製ワクチンについて、6月21日から2週間で配送予定の1万3434箱(約1571万回分)に一部追加できる見通しを示した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 変異株デルタプラス、日本でも (6/24)

     インドで最初に確認された新型コロナウイルス変異株のうち、感染力が強く要警戒とされる「デルタ株」を巡り、これに新たな変異が加わったタイプが24日までに、日本でも確認されていたことが分かった。海外では「...

  • 東京で570人感染、3人死亡 (6/24)

     東京都は24日、新型コロナの感染者が新たに570人報告されたと発表した。前週の同じ曜日より118人多い。直近7日間を平均した1日当たりの人数は439・6人で、前週比は113・8%。70〜90代の男性...

  • 国内高齢者、半数超が1回接種 (6/24)

     国内の65歳以上の高齢者のうち、新型コロナウイルスワクチンを少なくとも1回接種した人が半数を超えたことが、政府の集計で24日分かった。高齢者への接種が始まった4月12日から2カ月余り。接種が本格化し...

  • 都内感染は「再拡大の予兆」 (6/24)

     東京都は24日、新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開いた。新規感染者の7日間平均が2週連続で増加して400人台に上り、専門家が「再拡大の予兆が見られる」と指摘。急激なリバウンド...

  • 東京から3カ月ぶり転出超過 (6/24)

     総務省が24日公表した5月の人口移動報告(外国人を含む)によると、東京都は転出者が転入者を661人上回り、3カ月ぶりに人口流出を示す「転出超過」となった。新型コロナウイルスの感染状況の悪化に伴う緊急...