ニュース

民間事業者にも障害配慮義務付け 改正差別解消法成立

2021/5/28 12:12
 開かれた参院本会議=28日午前

 開かれた参院本会議=28日午前

 障害がある人の移動や意思疎通を無理のない範囲で支援する「合理的配慮」を企業や店舗などの民間事業者に義務付ける改正障害者差別解消法が28日の参院本会議で全会一致で可決、成立した。政府は、あらゆる人が暮らしやすい「共生社会」を実現するため、環境整備を急ぐ。

 これまで配慮の義務付けは国や自治体のみで、民間事業者には努力を求めるだけだった。準備に時間が必要として、施行日は公布から3年を超えない日とした。政府は事業者と障害者の双方に対応する相談窓口の整備や、どのような配慮が必要かをまとめた事例集の周知を進め、可能な限り早い施行を目指す。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 緊急事態宣言の解除、今夕決定 (6/17)

     政府は17日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開き、10都道府県に発令中の緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県は20日の期限をもって解除すると決定する。このうち東京、大阪など...

  • 接種証明7月中旬受け付け (6/17)

     政府は、新型コロナウイルスワクチンの接種歴を公的に証明する「ワクチンパスポート」について、7月中旬にも全国の自治体で申請受け付けを開始する方向で調整に入った。所有者が海外に渡航した場合、入国後の隔離...

  • 衆院選へ852人準備 (6/17)

     秋までにある衆院選の立候補予想者数が852人(うち女性143人)に上ることが、通常国会閉会の16日の共同通信社調べで分かった。小選挙区では自民、公明の与党と、立憲民主や共産など共闘する野党の争いが軸...

  • 女性・女系天皇見送り (6/17)

     安定的な皇位継承策を議論する有識者会議(座長・清家篤元慶応義塾長)は16日の第7回会合で、皇位継承資格を男系男子に限定する皇室典範の規定を尊重し、現在の皇位継承順位を維持する方針を確認した。これに伴...

  • 五輪観客、1万人上限へ (6/16)

     政府が東京五輪・パラリンピックの観客数について、上限を1万人とする方向で検討していることが16日分かった。政府と東京都、大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(I...