ニュース

20年の漁獲量、2年連続最低 0・5%減、温暖化やコロナ影響

2021/5/28 17:02
 北海道根室市の花咲港で水揚げされたサンマ=2020年8月

 北海道根室市の花咲港で水揚げされたサンマ=2020年8月

 農水省が28日発表した20年の漁業・養殖業生産統計によると、養殖を含む漁獲量は前年比0・5%減の417万5千トンとなり、比較可能な1956年以降の最低を2年連続で更新した。サンマやサケ類が過去最低で、サバ類も落ち込んだ。地球温暖化を背景とする不漁が続いており、新型コロナ感染拡大による需要減も響いた。

 同省の担当者は「コロナ禍で外食を中心に需要が減り、一部の魚種で生産が伸びなかった」と指摘した。

 サンマが35・2%減の3万トン、サケ類は0・9%減の5万6千トン。サバ類は16・4%減の37万7千トンだった。養殖ではカキ類が1・7%減の15万9千トンとなった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東証反発、終値は213円高 (6/14)

     週明け14日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。米量的金融緩和策の早期縮小懸念が後退して前週末の米国株が上昇、東京市場でも買い注文が優勢となった。 終値は前週末比213円07銭高の2...

  • 東京株式 14日終値      (6/14)

    <225種>          29161円80銭      前日比 +213円07銭  <TOPIX>         1959.75        前日比 +05.73    

  • 為替相場  14日(日本時間15時) (6/14)

    15時現在           1ドル=             109円75銭〜          109円76銭    前日比  −0円32銭   1ユーロ=            132円82銭...

  • 東芝、社外取締役2人退任 (6/14)

     東芝は13日、昨年7月の定時株主総会の運営に問題があったと結論付けた外部弁護士の調査報告書を受け「責任の所在を明確化する」との見解を示し、今月25日の定時総会に諮る取締役選任案を変更すると発表。当初...

  • 銀行・証券の情報共有を規制緩和 (6/14)

     金融庁は14日、有識者を交えた審議会を開き、同一グループ内の銀行と証券が顧客企業の情報を共有する際の規制を緩和する案を示した。主に上場企業を対象に、顧客の同意がなくても情報を共有できるようにする。融...