ニュース

残業代減少、過去最大に 20年度、新型コロナ影響

2021/5/28 17:28

 厚生労働省が28日発表した毎月勤労統計調査(確報、従業員5人以上の事業所)の2020年度まとめによると、1人当たりの月額所定外給与は前年度比13・3%減の1万7028円で、比較可能な13年度以降で過去最大の減少幅となった。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言発令が相次ぎ、飲食業を中心に休業や営業時間の短縮が余儀なくされたことが影響した。

 基本給や残業代を合わせた現金給与総額は1・5%減の31万8081円だった。勤務形態別に給与総額を見ると、一般労働者は1・9%減の41万6570円で、パートタイム労働者は0・9%減の9万9083円だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 松本氏ら衆院選前の自民復党浮上 (6/18)

     自民党内で、新型コロナウイルス緊急事態宣言下の深夜に東京・銀座のクラブを訪問した不祥事の責任を取り、離党した松本純元国家公安委員長ら3氏の次期衆院選前の復党論が浮上している。複数の関係者が17日、明...

  • 国公立大100校超、接種へ (6/17)

     学生や教職員を対象にした新型コロナウイルスワクチンの大学接種について、国公立大103校が実施を決定したか、実施する方向で検討していることが17日、共同通信の調査で分かった。うち13校は6月中に始める...

  • エンタメ業界で職域接種へ (6/17)

     ジャニーズ事務所とPR会社のサニーサイドアップグループは17日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を実施すると連名で発表した。2社の所属タレントや社員の他、映画や舞台、音楽ライブといったエンターテ...

  • 都内の酒類提供、18日に判断 (6/17)

     東京都の小池百合子知事は17日、コロナの緊急事態宣言からまん延防止等重点措置への移行に伴う飲食店での酒類提供の可否などについて、18日に判断する意向を示した。「国の方針に詳細な部分で不明なところがあ...

  • 緊急事態宣言、9都道府県で解除 (6/17)

     菅義偉首相は17日夕、新型コロナ感染症対策本部会合を官邸で開き、10都道府県に発令中の緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県は20日の期限をもって解除すると表明した。このうち東京、大阪など7都道...