ニュース

12〜15歳にも接種拡大 ファイザー製ワクチン

2021/5/28 18:29
 米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 厚生労働省の専門部会は28日、現在16歳以上となっている米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの対象年齢について、12〜15歳にも広げることを了承した。31日に別の専門分科会で12〜15歳を予防接種法に基づき無料で打てる対象に追加することを決める。

 2〜8度の冷蔵庫での保存期間を5日間から最長1カ月間とすることも認めた。管理がさらに容易になると期待される。

 ファイザーは、対象年齢の拡大や保存期間の延長に向けて、国の審査機関「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」に添付文書の改訂を相談していた。米国では既に認められている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 高齢者施設、検査半数止まり (6/20)

     新型コロナ感染防止策として菅義偉首相が打ち出した高齢者施設で働く職員らへの集中的なPCR検査で、4月以降に検査を受けた施設が約半数にとどまっていることが20日、厚生労働省の調査で分かった。4割は申し...

  • 12歳以上「夏休み中に接種を」 (6/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の日本テレビ番組で、12歳以上の児童、生徒への新型コロナウイルスワクチン接種について「子どもたちや学生には夏休み中に打ってもらいたい」と述べた。ワクチンは米ファイザー製...

  • 毎年3千億円の運用益必要 (6/19)

     世界の大学と競合する国内の研究機関を政府がてこ入れする10兆円の「大学基金」を巡り、毎年3千億円の多額の運用益が必要とする試算を、内閣府作業部会の有識者が19日までにまとめた。助成対象を六つの大学と...

  • 主要企業の97%、職場接種へ (6/19)

     新型コロナウイルスワクチンの職場接種に関し、主要116社のうち、97%に当たる112社が実施する意向であることが19日、共同通信のアンケートで分かった。対象は少なくとも計約200万人。59%(69社...

  • 国内1520人感染、28人死亡 (6/19)

     国内で19日、新たに1520人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は東京388人、神奈川182人、千葉119人、大阪111人など。死者は北海道と愛知でそれぞれ6人、大阪で5人など計28人。厚...