ニュース

コロナ対応職員が女性盗撮 埼玉県、緊急事態発出中に

2021/5/28 19:00

 埼玉県は28日、2月に東京都内のホテルで女性を盗撮したとして、新型コロナ対応を担当する危機管理課の男性主査(52)を、停職3カ月の懲戒処分とした。当時、2度目の緊急事態宣言が発出中で、県は不要不急の外出自粛を県民に呼び掛けていた。

 県によると、男性は休日だった2月27日夜、ホテルに派遣型風俗店の女性を呼び、仕掛けた小型カメラで動画撮影した。女性が気付き、警視庁上野署が都迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕。その後、女性と示談し起訴猶予となった。同署の調べに、昨秋以降、逮捕分を含めて盗撮を8回繰り返したと供述したという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • コロナ後の国債政策検討へ (6/24)

     財務省は24日、国の借金である国債の管理政策に関する有識者懇談会を解散し、新たな会議を設置する方針を明らかにした。国債の大量発行で対策費を賄っている新型コロナ感染拡大後の管理政策を検討し、国債の買い...

  • 東京で570人感染、3人死亡 (6/24)

     東京都は24日、新型コロナの感染者が新たに570人報告されたと発表した。前週の同じ曜日より118人多い。直近7日間を平均した1日当たりの人数は439・6人で、前週比は113・8%。70〜90代の男性...

  • 変異株デルタプラス、日本でも (6/24)

     インドで最初に確認された新型コロナウイルス変異株のうち、感染力が強く要警戒とされる「デルタ株」を巡り、これに新たな変異が加わったタイプが24日までに、日本でも確認されていたことが分かった。海外では「...

  • 国内高齢者、半数超が1回接種 (6/24)

     国内の65歳以上の高齢者のうち、新型コロナウイルスワクチンを少なくとも1回接種した人が半数を超えたことが、政府の集計で24日分かった。高齢者への接種が始まった4月12日から2カ月余り。接種が本格化し...

  • 都内感染は「再拡大の予兆」 (6/24)

     東京都は24日、新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開いた。新規感染者の7日間平均が2週連続で増加して400人台に上り、専門家が「再拡大の予兆が見られる」と指摘。急激なリバウンド...