ニュース

大手企業賃上げ12年ぶり低水準 春闘、3年連続鈍化の1・82%

2021/5/28 19:09

 経団連が28日発表した2021年春闘の第1回集計によると、定期昇給やベースアップを含む大手企業の月給の賃上げ率は平均1・82%となり、昨年の第1回集計より0・35ポイント下落した。伸び率の鈍化は3年連続で、1・77%だった09年以来、12年ぶりの低水準となった。回答額は1257円減の6040円だった。

 昨年は限定的だった新型コロナウイルスの影響が明確に表れた形で、特に「私鉄」が回答済みの企業で昨年の2・09%から1・06%となるなど、非製造業の低迷が目立った。

 調査は21業種249社が対象。組合員1人当たり平均額が判明した15業種89社の結果を集計した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 14日終値      (6/14)

    <225種>          29161円80銭      前日比 +213円07銭  <TOPIX>         1959.75        前日比 +05.73    

  • 為替相場  14日(日本時間15時) (6/14)

    15時現在           1ドル=             109円75銭〜          109円76銭    前日比  −0円32銭   1ユーロ=            132円82銭...

  • 東芝、社外取締役2人退任 (6/14)

     東芝は13日、昨年7月の定時株主総会の運営に問題があったと結論付けた外部弁護士の調査報告書を受け「責任の所在を明確化する」との見解を示し、今月25日の定時総会に諮る取締役選任案を変更すると発表。当初...

  • 銀行・証券の情報共有を規制緩和 (6/14)

     金融庁は14日、有識者を交えた審議会を開き、同一グループ内の銀行と証券が顧客企業の情報を共有する際の規制を緩和する案を示した。主に上場企業を対象に、顧客の同意がなくても情報を共有できるようにする。融...

  • 東証、午前終値2万9109円 (6/14)

     週明け14日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。前週末の米国株高を好感した買い注文が先行した。上げ幅は一時250円を超えた。 午前終値は前週末終値比160円79銭高の2万9109...