ニュース

野老氏「次世代へのバトンに」 五輪エンブレム作者講演

2021/5/28 20:38
 講演する、東京五輪・パラリンピックの大会エンブレム作者の野老朝雄さん=28日午後、東京都港区

 講演する、東京五輪・パラリンピックの大会エンブレム作者の野老朝雄さん=28日午後、東京都港区

 東京五輪・パラリンピックの大会エンブレム作者の野老朝雄さん(52)が28日、東京都内で講演し、「過去の大会のエンブレムを見返すと、表現の歴史でもある。私の作品が次の世代へのバトンになってくれたらうれしい」と思いを語った。

 野老さん自身、1964年東京五輪で亀倉雄策さんが日の丸の下に五輪マークを配したシンプルなエンブレムに「衝撃を受けた」という。今回、制作したのは大きさが異なる3種類の四角形計45個を組み合わせた「組市松紋」。四角形の組み合わせは五輪では50万個以上あったという。多様性も表現し「最後は直感。客観的にすてきだなと思えた」と振り返った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • JOC新専務に卓球星野氏で調整 (6/24)

     25日に役員改選する日本オリンピック委員会(JOC)の実務面で重責を担う新専務理事に、日本卓球協会専務理事の星野一朗氏(66)が就任する方向で調整されていることが24日、複数の関係者への取材で分かっ...

  • C大阪、2―0で好発進 (6/24)

     サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、タイのブリラムで東地区の1次リーグJ組が始まり、3年ぶり4度目の出場のC大阪は、奥埜とチアゴの得点で2―0と広州FC(中国)を下し、好スター...

  • 世界新出ないとボルト氏 (6/24)

     【ジュネーブ共同】陸上男子短距離の元スター選手で2017年に引退したウサイン・ボルト氏(ジャマイカ)が東京五輪開幕まで1カ月となった23日、国際オリンピック委員会(IOC)のイベントで、今夏の五輪で...

  • 卓球女子、伊藤「金メダル三つ」 (6/24)

     卓球女子で東京五輪代表の伊藤美誠(スターツ)が24日、オンラインで取材に応じ、女子のシングルスと団体、混合ダブルスの3種目に出る本番へ「(前回大会の)リオはどちらかというと引っ張られていた側。今回は...

  • オ2―5日(24日) (6/24)

     日本ハムが快勝した。一回に王柏融の適時打で先制。三回に高浜と王柏融の適時打、四回には野村の1号ソロで突き放した。伊藤が6回2失点で自身4連勝の5勝目。オリックスは増井が5失点と打ち込まれ、連勝が11...