ニュース

中国、三星堆遺跡の発掘現場公開 国威発揚狙いか

2021/5/28 20:50
 三星堆遺跡で出土した鳥の形をした金の装飾品(新華社=共同)

 三星堆遺跡で出土した鳥の形をした金の装飾品(新華社=共同)

 【広漢共同】中国政府は四川省広漢市で28日、古代の異様な形相の金属製仮面などの出土品で知られる三星堆遺跡の発掘現場を報道陣に公開した。7月の共産党創建100年を前に歴史や文化の豊かさを内外に発信し、国威発揚につなげる狙いがありそうだ。

 現地の専門家などによると、三星堆遺跡では2019〜20年、祭祀に使ったとみられる長方形の穴が新たに六つ見つかった。金の仮面の一部や青銅の仮面、鳥の形をした金の装飾品、彫刻された象牙など約千点が出土した。

 三星堆は約4800〜2800年前の文明を伝える遺跡。1986年、目が飛び出した青銅製の仮面や巨大な人物像などが出土した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 投票に不審な集計と厳正調査要求 (6/13)

     【リマ共同】ペルー大統領候補でフジモリ元大統領(82)の長女ケイコ・フジモリ氏(46)が12日、首都リマで外国メディア向けに記者会見し、決選投票の集計経過に不審な点があるとして全国選挙審議会による厳...

  • 米仏ワクチン供給で連携 (6/13)

     【コーンウォール共同】バイデン米大統領は12日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)出席のために訪れている英南西部コーンウォールで、フランスのマクロン大統領、イタリアのドラギ首相と相次いで就任後初の直...

  • G7の気候変動対策批判 (6/12)

     【コーンウォール共同】先進7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれている英南西部コーンウォールで12日、参加国の気候変動政策が不十分だと抗議するデモがあった。サミットを取材する記者らが主な拠点とする港...

  • メッカへの大巡礼、ことしも制限 (6/12)

     【カイロ共同】サウジアラビア巡礼省は12日、7月に始まるイスラム教最大の聖地、西部メッカへの大巡礼(ハッジ)について、新型コロナウイルス対策のため、参加者は外国籍を含む国内居住者に限定すると明らかに...

  • 英女王の95歳誕生日祝賀 (6/12)

     【コーンウォール共同】エリザベス英女王(95)の誕生日を公式に祝う行事が12日行われた。例年、ロンドンのバッキンガム宮殿周辺で行う馬車のパレードは、新型コロナウイルス感染対策のため2年連続で中止。代...