ニュース

コロナ責任者に土肥美智子医師 東京五輪日本選手団

2021/5/29 19:37
 土肥美智子医師

 土肥美智子医師

 日本オリンピック委員会(JOC)が東京五輪日本選手団の「新型コロナウイルス対策責任者」に、国立スポーツ科学センター(JISS)の土肥美智子医師(55)を充てることが29日、複数の関係者への取材で分かった。既に就任の承諾を得ているという。6月の理事会で報告される見通し。

 コロナ対策責任者は、東京五輪に参加する各国・地域のオリンピック委員会(NOC)など各組織に指名が義務づけられている。感染対策の規則集「プレーブック」に基づき、選手団の行動管理の責任を負う。大会組織委員会、保健当局に対応する窓口となり、陽性者が出た場合に濃厚接触者の特定などにも関わる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • ロシアがフィンランド下す (6/17)

     【ロンドン共同】サッカーの欧州選手権第6日は16日、ロシアのサンクトペテルブルクで1次リーグが行われ、B組のロシアがフィンランドを1―0で下して初勝利(1敗)を挙げた。前半終了間際にミランチュクが決...

  • 18歳望月、主催者推薦で予選に (6/16)

     【ロンドン共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権(28日開幕)を主催するオールイングランド・クラブは16日、ワイルドカード(主催者推薦)による出場選手を発表し、男子シングルス予選に201...

  • セ・パ交流戦、全日程が終了 (6/16)

     2年ぶりに開催されたプロ野球の「日本生命セ・パ交流戦」は16日、最後の1試合が行われ、全日程が終了した。日本ハムが広島に8―1で勝ち、既に12年ぶり2度目の勝ち越しを決めていたセ・リーグの通算49勝...

  • 広1―8日(16日) (6/16)

     日本ハムが快勝した。伊藤が6回を4安打1失点で4勝目を挙げた。8奪三振。三回に近藤の適時打などで2点を先制。六回は石川亮のスクイズなどで2点、七回にも4点を加えた。広島は投打にいいところがなかった。

  • おこしやす京都がJ1広島を撃破 (6/16)

     サッカーの第101回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は16日、エディオンスタジアム広島などで2回戦の残り6試合が行われ、関西1部リーグのおこしやす京都(京...