ニュース

国際課税強化、7月G20合意へ 対象企業、利益率15%超を軸

2021/5/29 21:23
 国際課税改革の方針と論点

 国際課税改革の方針と論点

 【ワシントン共同】日米欧の先進国に新興国を加えた20カ国・地域(G20)が、巨大IT企業などの税逃れを防ぐ国際的な法人税改革で検討している有力案が29日判明した。次回7月会合で大筋合意する方向で調整。経済のデジタル化に伴う課税強化の対象として売上高が大きく、利益の割合(利益率)が15%超の多国籍企業を軸に検討している。

 複数のG20関係者が明らかにした。低税率国での過度な節税を防ぐため、各国共通で全企業対象の15%程度の最低税率も創設する方向だ。新型コロナウイルス対策で悪化した財政の立て直しにつなげる狙いもある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 17日11時     (6/17)

    <225種>          28961円36銭      前日比 −329円65銭  <TOPIX>         1963.42        前日比 −12.44    

  • 為替相場  17日(日本時間11時) (6/17)

    11時現在           1ドル=             110円65銭〜          110円66銭    前日比  −0円72銭   1ユーロ=            132円76銭...

  • 東京円、110円台後半 (6/17)

     17日午前の東京外国為替市場の円相場はドルに対して下落し、一時1ドル=110円80銭近辺を付けた。4月1日以来、約2カ月半ぶりの円安ドル高水準。 午前10時現在は前日比82銭円安ドル高の1ドル=11...

  • 東証、305円安 (6/17)

     17日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、前日終値比305円41銭安の2万8985円60銭となった。

  • NY株続落、265ドル安 (6/17)

     【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比265・66ドル安の3万4033・67ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ開始時期を前倒し...