ニュース

大火砕流30年で避難訓練 長崎・雲仙、住民ら3千人参加

2021/5/30 18:58
 合同避難訓練に参加し、はしご車に乗る住民ら。奥は雲仙・普賢岳=30日午前、長崎県島原市

 合同避難訓練に参加し、はしご車に乗る住民ら。奥は雲仙・普賢岳=30日午前、長崎県島原市

 43人が犠牲になった1991年6月3日の雲仙・普賢岳(長崎県)大火砕流発生から30年となるのを前に、麓の同県島原市と南島原市で30日、住民ら計約3千人が参加する合同避難訓練が行われた。

 震度6強の地震が発生、溶岩ドームが大規模崩落する危険性が高まったとの想定。島原市安中地区では防災無線を聞いた住民が町内会ごとに安否確認をし、足早に避難所に向かった。

 状況を取りまとめた安中地区自主防災会の横田哲夫会長(71)は「この地で二度と被害者を出さないという思いを後世につなぎたい」と話した。

 大火砕流では消防団員や警察官の他、報道陣やタクシー運転手らが命を落とした。


この記事の写真

  •  合同避難訓練に参加した子どもたち。奥は雲仙・普賢岳=30日午前、長崎県島原市

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 停電で一時運転見合わせ (6/20)

     20日午後2時半ごろ、東海道新幹線の三河安城(愛知県安城市)―岐阜羽島(岐阜県羽島市)間で停電が発生し、同区間の上下線で一時運転を見合わせた。 安全確認が取れたため、同2時35分に運転を再開。計5本...

  • 「物壊れた」と店員呼ぶ、埼玉 (6/20)

     さいたま市のインターネットカフェ立てこもり事件で、20代の女性店員への監禁容疑で現行犯逮捕された住所不定、無職林一貴容疑者(40)が、女性店員に「部屋の物が壊れた」と声を掛けて個室ブースに呼んでいた...

  • 中国船2隻が領海侵入 (6/20)

     第11管区海上保安本部(那覇)は20日、中国海警局の船2隻が午前4時40分ごろから沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に相次いで侵入したと発表した。魚釣島の南西約22キロを航行中の日本漁船1隻に接近しようとす...

  • スー・チー氏解放願い渋谷で集会 (6/19)

     ミャンマーで国軍に軟禁されているアウン・サン・スー・チー氏が76歳の誕生日を迎えた19日、在日ミャンマー人らが東京・渋谷の国連大学前に集まり、スー・チー氏の解放を願いビルマ語で祈りをささげた。主催し...

  • さいたま立てこもり現場に刃物 (6/19)

     さいたま市のインターネットカフェ立てこもり事件で、女性店員の監禁容疑で逮捕された無職林一貴容疑者(40)が所持していたとみられる刃物が現場で見つかっていたことが19日、埼玉県警への取材で分かった。県...