ニュース

ウミガメの甲羅、密輸入続く べっ甲材料、20年で564キロ

2021/5/31 9:16
 べっ甲の装飾品(野生生物取引監視団体トラフィック提供)

 べっ甲の装飾品(野生生物取引監視団体トラフィック提供)

 装飾品として利用されるべっ甲の材料となる、ウミガメの仲間タイマイの甲羅564キロが2000〜19年に日本の税関に押収されたことが、環境団体の世界自然保護基金(WWF)などの調査で31日分かった。乱獲で絶滅が危ぶまれるタイマイの国際取引はワシントン条約で禁止されているが、日本では密輸入が続いている状況を示す結果。WWFは「国内での売買が容認されており、政府は早急に政策を見直すべきだ」と強調する。

 WWFやトラ・ゾウ保護基金(東京)などのチームが、日本の税関の押収記録などを調査すると、00〜19年の押収件数は71件あり、押収量は計564キロだった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内で1676人感染 (6/24)

     国内で24日、新たに1676人の新型コロナウイルス感染が確認された。東京570人、神奈川192人、千葉129人、埼玉119人、大阪116人など。死者は大阪11人、北海道と沖縄で各4人などの報告があり...

  • 行方不明のコロナ患者は釈放中 (6/24)

     新型コロナウイルス感染のため大阪市内のホテルで宿泊療養中に行方不明になった20代男性が、薬物事件で大阪府警に逮捕され釈放された後に療養に入ったことが24日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府の吉村...

  • 東京で570人感染、3人死亡 (6/24)

     東京都は24日、新型コロナの感染者が新たに570人報告されたと発表した。前週の同じ曜日より118人多い。直近7日間を平均した1日当たりの人数は439・6人で、前週比は113・8%。70〜90代の男性...

  • 変異株デルタプラス、日本でも (6/24)

     インドで最初に確認された新型コロナウイルス変異株のうち、感染力が強く要警戒とされる「デルタ株」を巡り、これに新たな変異が加わったタイプが24日までに、日本でも確認されていたことが分かった。海外では「...

  • 国内高齢者、半数超が1回接種 (6/24)

     国内の65歳以上の高齢者のうち、新型コロナウイルスワクチンを少なくとも1回接種した人が半数を超えたことが、政府の集計で24日分かった。高齢者への接種が始まった4月12日から2カ月余り。接種が本格化し...