ニュース

4月の鉱工業生産、コロナ前超え 2カ月連続で上昇

2021/5/31 11:22
 自動車工場の生産ライン

 自動車工場の生産ライン

 経済産業省が31日発表した4月の鉱工業生産指数速報(2015年=100、季節調整済み)は前月と比べ2・5%上昇の99・6で2カ月連続プラスだった。新型コロナウイルス流行前の20年1月(99・1)を上回り、19年9月以来の高水準。海外需要の回復を取り込み、機械工業を中心に伸びた。ただコロナでの緊急事態宣言延長など飲食や宿泊などを巡る国内経済の環境は厳しく、先行きには不透明感も漂う。

 基調判断は前月の「生産は持ち直している」を据え置いた。個別に見ると、全15業種のうち汎用・業務用機械や生産用機械、電子部品・デバイスなど12業種が上昇した。


この記事の写真

  •  鉱工業生産指数の推移

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • NY円、110円後半 (6/24)

     【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比21銭円高ドル安の1ドル=110円70〜80銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1937〜47ドル、132円21〜3...

  • 為替相場  24日(日本時間21時) (6/24)

    21時現在           1ドル=             110円81銭〜          110円82銭    前日比  +0円06銭   1ユーロ=            132円26銭...

  • コロナ後の国債政策検討へ (6/24)

     財務省は24日、国の借金である国債の管理政策に関する有識者懇談会を解散し、新たな会議を設置する方針を明らかにした。国債の大量発行で対策費を賄っている新型コロナ感染拡大後の管理政策を検討し、国債の買い...

  • 中国、豪をWTOに提訴 (6/24)

     【北京、シドニー共同】中国商務省は24日、オーストラリアが中国から輸入する鉄道の車輪部品などに課している反ダンピング(不当廉売)の制裁関税や補助金の相殺関税は不当として、世界貿易機関(WTO)に提訴...

  • 東京円、110円台後半 (6/24)

     24日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台後半で取引された。 午後5時現在は前日と同じ1ドル=110円87〜89銭。ユーロは08銭円高ユーロ安の1ユーロ=132円28〜32銭。 朝方は前日...