ニュース

消費者心理、2カ月連続で悪化 緊急事態宣言が影響

2021/5/31 15:55

 内閣府が31日発表した5月の消費動向調査によると、向こう半年間の消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整値)は前月比0・6ポイント下落の34・1となり、2カ月連続で悪化した。新型コロナの感染拡大が続き、東京や関西で緊急事態宣言が延長となったり、対象地域が増えたりしたことが影響した。

 基調判断は4月の「持ち直しの動きが続いている」から「持ち直しのテンポが緩やかになっている」に引き下げた。下方修正は1月以来、4カ月ぶり。

 指標を構成する四項目のうち「暮らし向き」や「収入の増え方」、「雇用環境」が悪化。「耐久消費財の買い時判断」は横ばいだった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • G7開催地で新規感染者増 (6/23)

     【ロンドン共同】先進7カ国首脳会議(G7サミット)が今月中旬、約2年ぶりに対面形式で開催された英南西部コーンウォールで、サミット終了前後ごろから新型コロナウイルスの新規感染者数が増加していることが2...

  • アストラ製接種を容認へ (6/23)

     厚生労働省は22日、英アストラゼネカ製の新型コロナワクチンについて無料で打てる公費接種の対象とし、60歳以上に接種するのを認める方向で調整に入った。30日に開かれる同省の専門分科会で可否を議論する。...

  • 中国、コロナ調査けん制 (6/23)

     【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は22日、ニュージーランドのマフタ外相とオンラインで会談し、「新型コロナウイルスの起源について政治問題化すべきではない」と強調した。起源に関する独立調査の必要性を...

  • 小池都知事、過労で入院 (6/22)

     東京都は22日、小池百合子知事が過度の疲労で静養が必要になったとして、今週の公務を離れると発表した。関係者によると、都内の病院に入院した。新型コロナウイルス対応や開幕を1カ月後に控えた東京五輪・パラ...

  • ファイザー製、7月は希望の半分 (6/22)

     愛知県の大村秀章知事は22日の記者会見で、住民接種に使われる新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチンの7月供給量が、各市町村の希望の半分程度しか予定されていないと明らかにした。早期供給を国に求める...