ニュース

12〜15歳のワクチン接種無料 ファイザー製、厚労省了承

2021/5/31 17:45

 厚生労働省の専門分科会は31日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、現行の16歳以上に加えて、12〜15歳への接種も予防接種法上の「臨時接種」に位置付けることを了承した。費用は無料となり、健康被害が生じれば補償の対象となる。12〜15歳は基本的に64歳以下の一般接種に組み込まれるが、運用は市町村の判断にゆだねるとしている。

 ファイザーは同日、接種の対象年齢を16歳以上から12歳以上に引き下げるようワクチンの添付文書を改訂した。10代の10万人当たりの陽性者数は60〜70代よりも多く、医療現場に一定の負担となっている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 大阪・兵庫、百貨店の休業解除も (6/16)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言が期限の20日で解除され、まん延防止等重点措置の対象になる見込みとなった大阪府、兵庫県の両知事は16日、百貨店など大規模商業施設への土日の休業を解除する可能性に言及し...

  • 緊急事態宣言、沖縄除き解除へ (6/16)

     政府は16日、10都道府県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県は20日の期限をもって解除する方向で調整に入った。このうち北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の...

  • 国内で1710人感染80人死亡 (6/16)

     国内で16日、新たに1710人の新型コロナウイルス感染者と80人の死者が報告された。島根で初の死亡が確認され、これで全ての都道府県で死者が確認された。感染者の内訳は東京501人、神奈川210人、沖縄...

  • イベント観客上限、解除後1万人 (6/16)

     政府は16日、新型コロナ感染拡大に伴う緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の解除後、スポーツ大会など大規模イベントの観客数は会場の定員の50%以内であれば1万人を上限とする方針を決めた。解除後1カ月程...

  • 東京で501人感染、12人死亡 (6/16)

     東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに501人報告されたと発表した。500人台を超えたのは今月3日以来で、前週の水曜日だった9日と比べて61人増加。直近7日間を平均した1日当たりの人数は...