ニュース

2021年の世界成長率5・8% OECDが予測引き上げ

2021/5/31 19:22

 【ロンドン共同】経済協力開発機構(OECD)は31日、経済見通しを発表し、2021年の世界全体の実質経済成長率が5・8%になると予測した。3月に発表した前回予測(5・6%)から小幅に上方修正した。米国や中国、ユーロ圏の成長率見通しを引き上げた。新型コロナウイルスのワクチン接種が広がって経済活動が段階的に再開してきたことや、各国の景気刺激策の効果などを反映した。

 日本の成長率は2・7%から2・6%に下方修正した。今年に再び出された緊急事態宣言で短期的には経済成長が下押しされるとした。22年は0・2ポイント引き上げ、2・0%と2年連続のプラス成長を予想。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 変異株にはワクチン効果大幅減も (6/15)

     国立国際医療研究センターのチームは15日、変異株によっては米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの働きが弱まる可能性があることを示す研究結果を発表した。ワクチンは、英国株やインド株にも一定...

  • 米、5月卸売物価6・6%上昇 (6/15)

     【ワシントン共同】米労働省が15日発表した5月の卸売物価指数は、モノとサービスを合わせた総合指数が前年同月と比べて6・6%上がり、比較可能な2010年11月以降で最大となった。上昇率は4月の6・2%...

  • 解除地域、観客上限1万人で調整 (6/15)

     政府は、7、8月のイベント開催の要件について、新型コロナウイルスの緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除された地域では、定員の50%以内なら1万人を上限に観客受け入れを認める案を軸に調整に入った。...

  • 国内1418人感染、67人死亡 (6/15)

     国内で15日、新たに1418人の新型コロナウイルス感染者と67人の死者が報告された。感染者の内訳は東京337人、神奈川160人、大阪110人など。死者は北海道18人、東京12人、神奈川と愛知で各6人...

  • 沖縄、緊急宣言延長へ検討 (6/15)

     沖縄県は、今月20日までとなっている新型コロナウイルス緊急事態宣言の期限を延長するよう、国に要請する方向で検討に入った。延長幅は2週間程度を想定している。複数の県幹部が15日、明らかにした。16日に...