ニュース

南海トラフ地震、宝永タイプか 津波の痕跡から予測

2021/5/31 19:32

 西日本の太平洋側で想定されている南海トラフ巨大地震を巡り、過去に沿岸を襲った津波の痕跡の分析から、次に起きるのは江戸時代の1707年に起きた宝永地震と同じタイプのものになる可能性があるとの研究結果を、政府・地震調査委員で産業技術総合研究所名誉リサーチャーの岡村行信氏が31日、オンライン開催の日本地球惑星科学連合大会で発表した。

 宝永地震は紀伊半島付近で破壊が始まり、静岡―高知沖の広範囲が震源域となった南海トラフでは史上最大のM8・6とされる超巨大地震。岡村氏は「地震のタイプによって将来起きる地震の揺れや津波の高さを推定できる」としている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 毎年3千億円の運用益必要 (6/19)

     世界の大学と競合する国内の研究機関を政府がてこ入れする10兆円の「大学基金」を巡り、毎年3千億円の多額の運用益が必要とする試算を、内閣府作業部会の有識者が19日までにまとめた。助成対象を六つの大学と...

  • 主要企業の97%、職場接種へ (6/19)

     新型コロナウイルスワクチンの職場接種に関し、主要116社のうち、97%に当たる112社が実施する意向であることが19日、共同通信のアンケートで分かった。対象は少なくとも計約200万人。59%(69社...

  • 国内1520人感染、28人死亡 (6/19)

     国内で19日、新たに1520人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は東京388人、神奈川182人、千葉119人、大阪111人など。死者は北海道と愛知でそれぞれ6人、大阪で5人など計28人。厚...

  • 大阪で111人感染 (6/19)

     大阪府は19日、新型コロナウイルスに111人が感染し、5人が死亡したと発表した。府内の感染確認は10万2334人、死者は2589人となった。 亡くなったのは70〜90代の男女で、死亡日は5月27日〜...

  • 東京で388人感染、4人死亡 (6/19)

     東京都は19日、新型コロナ感染者が新たに388人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの人数は377・7人で、前週比は96・6%。累計は16万8709人。70〜100歳代の男女4人の死...