ニュース

台湾、コロナ感染死急増 5月中旬以降で112人

2021/5/31 22:12

 【台北共同】台湾の陳時中衛生福利部長(衛生相)は31日の記者会見で、集計漏れ分を含めて新型コロナウイルスの新たな市中感染者347人を確認したと発表した。累計の感染者は8511人で、死者124人。このうち5月15日以降の感染者は7221人、死者は112人と急増している。

 台湾では5月から感染が拡大し、15日以降の市中感染者は連日3桁台となっている。死者数は中国から広がった重症急性呼吸器症候群(SARS)で2003年に犠牲となった73人を上回った。

 予防の鍵となるワクチンは、29日時点で少なくとも1回接種したのが約37万人と全人口の2%に満たない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 感染促す“悪玉”増強抗体発見 (6/22)

     人の免疫が体内に入ってきた新型コロナウイルスに対処する際、細胞への侵入をブロックしてくれる善玉の中和抗体だけでなく、ウイルスの侵入を助けてしまう悪玉の「感染増強抗体」も作っていることを大阪大の荒瀬尚...

  • アジア、中南米にワクチン提供へ (6/22)

     【ワシントン共同】バイデン米政権は21日、国外に月末までに提供する計8千万回分の新型コロナワクチンのうち、第2弾となる5500万回分を、第1弾と同様に台湾を含むアジアや中南米、アフリカを中心に割り当...

  • 児童、生徒の学校集団接種を否定 (6/21)

     河野太郎行政改革担当相は21日夜のNHK番組で、12〜15歳の児童、生徒の新型コロナウイルスワクチン接種について、義務ではないとして学校内での集団接種を否定した。「授業時間中の接種は文部科学省が推奨...

  • 国内で868人感染、35人死亡 (6/21)

     国内で21日、新たに868人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京236人、神奈川135人、千葉85人、埼玉53人など。死者は大阪13人、愛知6人、北海道4人などで計35人。 政府の21日の発...

  • 64歳以下接種、本格化 (6/21)

     学生や従業員らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が21日、大学や企業で続々と始まり、64歳以下の一般接種が本格化した。市町村主体の接種、国や都道府県による大規模会場に続く「第3のルート...