ニュース

WHO、変異株に国名使わず コロナ、風評被害回避へ

2021/6/1 9:40

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は5月31日、新型コロナウイルスの変異株の名称について、ギリシャ文字のアルファベットを使う方針を示した。これまで最初に確認された国名を取って「英国株」「インド株」などと表現されることも多かったが、特定国への偏見や風評被害を回避するため、変更に踏み切った。

 WHOは「懸念される変異株」として英国、南アフリカ、ブラジル、インドで最初に確認された四つの変異株を認定している。今後はそれぞれ「アルファ株」「ベータ株」「ガンマ株」「デルタ株」と呼称する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京で619人感染、10人死亡 (6/23)

     東京都は23日、新型コロナウイルスの感染者が新たに619人報告されたと発表した。600人台は5月28日以来で、前週の水曜日だった今月16日より118人多い。直近7日間を平均した1日当たりの人数は42...

  • 政府目標、1日100万回を達成 (6/23)

     新型コロナウイルスワクチンの接種回数が政府目標の1日当たり100万回に到達したことが23日、分かった。医療従事者や一般の接種回数の合計で、6月14日に101万3061回に達した。ただし医療従事者は週...

  • 島根原発2号機、審査に「合格」 (6/23)

     原子力規制委員会は23日の定例会合で、中国電力島根原発2号機(松江市)の安全対策が、新規制基準に適合しているとする「審査書案」を了承、一般からの意見公募を行うことを決めた。事実上の審査合格。 一方、...

  • 40年超原発、初の再稼働 (6/23)

     関西電力は23日、運転開始から40年を超えた美浜原発3号機(福井県美浜町)の原子炉を起動し、再稼働させた。運転期間を「原則40年、最長で延長20年」とする現行ルール下で全国初。東京電力福島第1原発事...

  • アストラ製接種を容認へ (6/23)

     厚生労働省は22日、英アストラゼネカ製の新型コロナワクチンについて無料で打てる公費接種の対象とし、60歳以上に接種するのを認める方向で調整に入った。30日に開かれる同省の専門分科会で可否を議論する。...