ニュース

濃縮度60%のウラン2・4キロ イラン貯蔵、IAEA報告書

2021/6/1 12:07
 イラン中部ナタンズのウラン濃縮施設の遠心分離機=2019年11月(イラン原子力庁提供・AP=共同)

 イラン中部ナタンズのウラン濃縮施設の遠心分離機=2019年11月(イラン原子力庁提供・AP=共同)

 【ウィーン共同】イラン核合意の履行状況の検証に当たる国際原子力機関(IAEA)は5月31日、イランが22日時点の推定量で濃縮度60%のウランを2・4キロ、20%のウラン62・8キロを貯蔵しているとする報告書をまとめた。全体の濃縮ウランの貯蔵量は3241キロだった。2015年の核合意はイランによる濃縮度の上限を3・67%と定めた。60%は核兵器級の90%に接近する重大な核合意違反。

 イランは2月、米国に制裁解除を迫る駆け引きの一環としてIAEAの査察受け入れを制限。IAEAは報告書で、濃縮ウランの貯蔵量を確認できなかったと指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 日本に資産開示を命令、韓国地裁 (6/15)

     【ソウル共同】ソウル中央地裁は15日までに、旧日本軍の元従軍慰安婦の女性らへの賠償を日本政府に命じた1月の確定判決を巡り、賠償に応じない日本政府に韓国内に保有する資産の目録を開示するよう命じた。賠償...

  • ASEAN、ホットライン拡大へ (6/15)

     【シンガポール共同】16日開催の東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議の宣言草案で、ASEANの国防相で構築するホットライン網を日本や米国、中国、インドなどに拡大する方針を盛り込んだことが1...

  • NATO、自衛権を宇宙にも拡大 (6/15)

     【ブリュッセル共同】北大西洋条約機構(NATO)首脳会議は14日採択した首脳声明で、加盟国の人工衛星など宇宙空間を舞台にした攻撃はNATO条約第5条に基づく集団的自衛権行使の対象になり得るとし、宇宙...

  • 韓国軍が竹島防衛訓練開始 (6/15)

     【ソウル共同】韓国軍や海洋警察は15日、島根県の竹島(韓国名・独島)の防衛を想定した定例の訓練を始めた。韓国メディアが報じた。上陸はせず、海上訓練が中心となる。日本政府は毎回、訓練に反発している。 ...

  • 文氏、五輪開会式の出席伝達不発 (6/15)

     【ソウル共同】15日付の韓国紙ハンギョレは、文在寅大統領が東京五輪の開会式に出席する意向を英国での先進7カ国首脳会議(G7サミット)に合わせて菅義偉首相に伝えようとしたが、簡略な首脳会談が実現しなか...