ニュース

6月に避難解除の方針明示を 帰還困難区域巡り、国に要望

2021/6/1 11:18
 国の担当者(右)に要望書を手渡す吉田数博・浪江町長(中央)と吉田淳・大熊町長=1日午前、福島市

 国の担当者(右)に要望書を手渡す吉田数博・浪江町長(中央)と吉田淳・大熊町長=1日午前、福島市

 東京電力福島第1原発事故による帰還困難区域を抱える福島県5町村の協議会は1日、先行的に除染が進む特定復興再生拠点区域(復興拠点)以外の地域について、避難指示解除の目標時期などを6月中に示すよう国に要望書を提出した。浪江、大熊両町長が福島復興局(福島市)を訪れ、生沼裕局長に手渡した。

 帰還困難区域の1割弱に当たる復興拠点は来年春以降の避難解除を目指しているが、国は拠点外に関して解除の前提となる具体的な除染方針すら示していない。

 吉田数博浪江町長は「拠点外の住民は『自分たちだけが置き去りにされる』と感じ、行政不信になってしまう」と危機感を語った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 「赤木ファイル」に佐川氏 (6/22)

     森友学園の国有地売却問題を巡る財務省の決裁文書改ざんで2018年3月、自殺に追い込まれた近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=が改ざんの過程をまとめた「赤木ファイル」が22日、妻雅子さん(5...

  • ウーバージャパン書類送検 (6/22)

     不法残留しているベトナム人らを配達員として働かせたとして、警視庁組織犯罪対策1課は22日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、食事宅配サービス「ウーバーイーツ」を運営していた日本法人「Uber ...

  • JR東日本のトラブル「遺憾」 (6/22)

     赤羽一嘉国土交通相は22日の閣議後記者会見で、JR東日本の変電所の送電が止まって山手線などが運転を見合わせた20日のトラブルについて「多くの乗客が長時間にわたって車内で待つことを強いられたのは遺憾」...

  • 横浜で国際園芸博開催へ (6/22)

     政府は22日、国際園芸博覧会を2027年に横浜市で開催するため、博覧会国際事務局へ認定申請することを閣議了解した。同種の国際園芸博の国内開催は、1990年に大阪市で開かれた「国際花と緑の博覧会(花の...

  • 記述式・英語検定、断念へ (6/22)

     大学入試の在り方を検討する文部科学省の有識者会議は22日、2025年1月以降の大学入学共通テストにおける英語民間検定試験と記述式問題の導入について「実現は困難と言わざるを得ない」とする提言案を示した...