ニュース

職場や大学での接種、21日から 前倒しも、米モデルナ製を使用

2021/6/1 11:58
 記者会見する加藤官房長官=1日午前、首相官邸

 記者会見する加藤官房長官=1日午前、首相官邸

 加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの一般接種を巡り、職場や大学での接種を今月21日から開始可能とすると発表した。下請けなど取引先や、大学生も対象に含む。65歳以上の高齢者向けの接種が早期に完了する見込みであれば、21日から前倒しは可能とした。「接種に関する地域の負担を軽減し、接種の加速化を図る」と強調した。

 職場や大学での接種には米モデルナ製のワクチンを使用する。必要な医療従事者や会場などは企業や大学が自ら確保する。接種対象者は実施主体が判断するとした上で、所属する高齢者や基礎疾患がある人を優先的に接種するよう促した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 接種証明7月中旬受け付け (6/17)

     政府は、新型コロナウイルスワクチンの接種歴を公的に証明する「ワクチンパスポート」について、7月中旬にも全国の自治体で申請受け付けを開始する方向で調整に入った。所有者が海外に渡航した場合、入国後の隔離...

  • 全市区町村7月末までに完了 (6/17)

     全国の全ての市区町村が、希望する高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種を7月末までに完了する見込みであると、16日までの政府の調査に回答したことが分かった。17日にも総務、厚生労働両省が結果を公表...

  • 五輪観客、1万人上限へ (6/16)

     政府が東京五輪・パラリンピックの観客数について、上限を1万人とする方向で検討していることが16日分かった。政府と東京都、大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(I...

  • 緊急事態宣言、沖縄除き解除へ (6/16)

     政府は16日、10都道府県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県で20日の期限をもって解除する方向で調整に入った。このうち北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の...

  • 大阪・兵庫、百貨店の休業解除も (6/16)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言が期限の20日で解除され、まん延防止等重点措置の対象になる見込みとなった大阪府、兵庫県の両知事は16日、百貨店など大規模商業施設への土日の休業を解除する可能性に言及し...