ニュース

免税購入で1400万円徴収 電子記録で初調査、大阪国税局

2021/6/1 13:12

 大阪市内の百貨店で洋服や貴金属など計約1億4千万円相当を免税購入した中国人男性に対し、大阪国税局が電子記録を基に免税が認められない転売目的と判断し、消費税約1400万円の徴収を決めたことが1日、関係者への取材で分かった。免税記録の電子化は昨年4月に始まったばかりで、この記録を活用した国税調査は初めて。

 法令では免税は訪日客が国外に持ち出す土産品購入などに認められているが、転売のような営利目的での購入は対象外。

 関係者によると、男性は大阪市内の3カ所の百貨店で免税購入した。金額や量の多さから国税局が調査し、転売目的と認定したもようだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 「物壊れた」と店員呼ぶ、埼玉 (6/20)

     さいたま市のインターネットカフェ立てこもり事件で、20代の女性店員への監禁容疑で現行犯逮捕された住所不定、無職林一貴容疑者(40)が、女性店員に「部屋の物が壊れた」と声を掛けて個室ブースに呼んでいた...

  • 中国船2隻が領海侵入 (6/20)

     第11管区海上保安本部(那覇)は20日、中国海警局の船2隻が午前4時40分ごろから沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に相次いで侵入したと発表した。魚釣島の南西約22キロを航行中の日本漁船1隻に接近しようとす...

  • スー・チー氏解放願い渋谷で集会 (6/19)

     ミャンマーで国軍に軟禁されているアウン・サン・スー・チー氏が76歳の誕生日を迎えた19日、在日ミャンマー人らが東京・渋谷の国連大学前に集まり、スー・チー氏の解放を願いビルマ語で祈りをささげた。主催し...

  • さいたま立てこもり現場に刃物 (6/19)

     さいたま市のインターネットカフェ立てこもり事件で、女性店員の監禁容疑で逮捕された無職林一貴容疑者(40)が所持していたとみられる刃物が現場で見つかっていたことが19日、埼玉県警への取材で分かった。県...

  • 裁判しなくてもヘイト被害救済を (6/19)

     ヘイトスピーチに反対する運動団体「のりこえねっと」が19日、オンラインでシンポジウムを開いた。集中的にヘイト被害を受け、裁判で加害者を訴えた在日コリアンの女性3人が登壇。「差別禁止法や人権救済機関の...